職場の人間関係を改善する3つの方法【陰口の心理】

仕事

職場での社会的なストレスは、仕事の負担からくるストレスよりも私たちを苦しめることがあります。

また、職場で人間関係に悩んでいる人は、そうでない人に比べて不眠症に苦しむ傾向があることがわかっています。

なぜ、職場での人間関係に悩んでしまうのでしょうか。

それは、私たちは自分の仕事を「何をしているか」で捉えようとする傾向にありますが、私たちの精神面の健康や幸せは「一緒に働く人に対してどう感じるか」によって決まるからです。

今回、職場の人間関係を改善させる3つの方法と、陰口について深掘りしました。



脳は社会的な対立に敏感

私たちの脳には社会的な対立の兆候を見つけ、悩む仕組みがしっかりと組み込まれています。

これが、職場を離れても悩まされる原因の一つです。

他人の行動が理解できないとき、あなたの脳は予測できないことを理解しようとし、物事を解決しようとします。

自分に失望している」という様子を相手が少しでも見せると敏感に反応し、批判的な意見や視線にあれこれを思い巡らせます。

そして、どのように尊敬を取り戻そうかと考え始めるのです。

私たちは、自分たちのコミュニケーションをスムーズに行うためのルールを乱す人に対して、イライラを覚えるものです。

職場での人間関係を改善する3つの法則

では、どうすれば職場での人間関係を改善することができるのでしょうか。

今回、3つのポイントに分けて解説します。

まわりに助けが必要な人がいるのか考える

はじめに、まわりにサポートを求めている人がいるか自分に問いかけてみてください。

職場でのストレスが溜まっていて、同僚の振る舞いが気になっている場合、他の人もそうかもしれません。

黙って気を揉んでいるより、自分が誰をサポートできるか考えることが大切です。

  • 話を聞いて欲しい人は誰か
  • 矢面に立っているのは誰か
  • ルールを乱しているものは何か

その人の生活を少しでも楽にするためにできることはなにか考えてあげましょう。

親切を心がける

職場での親切は全員が心がけるべきです。

あなたが職場で抱えている大きな社会的ストレス個人的な問題だと感じていても、他人を助けることは自分のストレスに対処するのに役立ちます。

職場で小さな親切を行うことは、協力的な人間関係の構築にも役立ちます。

また、職場での健康や幸せは親切が鍵になるのです。

ポジティブな社会的触れ合いをしているときには、対立から生まれるを消す働きをしてくれます。

人に優しくすることで得られる4つのメリット
私たちは生きていくうえで、相手を思いやる気持ちと感謝の気持ちは忘れてはいけません。 人に優しく接することは、より豊な人生を送る助けになります。 今回、人に優しくすることで得られる最高のメリットについてまとめました。 人に優しくする...

他人の貢献を認め感謝する

他人が自分は評価され、受け入れられていると感じられるようにします。

職場での嫌なことの一つに「自分は職場の一員ではない」と感じることが挙げられます。

帰属意識を高める最適な方法は、他人に「自分は高く評価されている」としっかりと自覚してもらうことです。

他人の仕事への貢献を認め、感謝し、その人の仕事以外の生活について心からの関心を示すことが大切になります。

オキシトシンを分泌させる知っておくべき6つの方法とは?
幸福を求める順番を間違えると、人生が不幸になってしまうことがあります。 そして、多くの日本人が幸福を求める順番を間違えていることを以前、こちらの記事で解説しました。 幸せになりたければ、セロトニン起因の幸福(健康関連)を最優先し、次...

協力的な関係を築く努力が大切

これらの方法を実践できれば、職場におけるネガティブな影響を軽減する助けになります。

職場での社会的なサポートを強く感じている人は、精神的に消耗したり、職場での対立に悩んだりする傾向が低いことが研究によりわかっています。

また、このような人は、批判されようが、同僚の態度にイライラしようが仕事に対する満足感への影響が少ないのです。

職場で友情や協力的な関係を築く努力をすることで、上手に対処できるようになるでしょう。



陰口の心理

他人の陰口を言うことはマナーが悪いと思われるだけでなく、小さい人間であると周囲に示す行為です。

しかし、他人を批判したいという衝動はそう簡単に封じ込めることはできないものです。

また、陰口を言う人が必ずしも卑小な人間というわけではありません。

ときに批判親切な行為にもなります。

この違いを理解することで他人の陰口を言ってしまいたくなる衝動を知り、まわりの人が噂話を持ち出したときどう反応したらいいか分かるようになります。

陰口を使い分けるルール

他人の陰口を言う誘惑に駆られるのはなぜでしょう。

今回3つのポイントに分けて解説します。

陰口の動機を理解する

人が陰口を言う対象は、自分の目標に限りなく近い人物や、ライバルだと認識されている人物がターゲットになりやすい傾向にあります。

陰口は、自分の自尊心を高め、ライバルと比較されるときに自分をよく見せることができる手っ取り早い方法だからです。

不安や自信のなさ

多くの人が自分の不安感自信のなさを処理するために、ネガティブな噂話をします。

他人について声を大にして話すことは、自分の頭の中にある、自己批判の考えを落ち着かせる方法なのです。

ネガティブな話を聞いた人たちが、あなたがライバルとは違うと見るようになることを望んでいます。

具体的な行動

陰口を言うことで、自分の能力を示したいと気づいたら、安心して打ち明けられる人に話をしましょう。

他にも以下のように対処することをおすすめします。

  • 自分の価値を示す最適な方法を考える
  • 陰口の代わりに経験談を話す

ここまで読んでいただいて、「そんな動機で陰口言ってない。」と思う人も多いでしょう。

ただ単に嫌いだから仕事ができないから見ているだけで腹がたつからなど理由は人それぞれです。

根本的な信頼関係が築けてない職場では、このような動機になる機会が多くなり、生産性や仕事への満足度が低下してしまいます。

仮に仕事ができない人がいる場合、あなただけでも先ほど紹介した3つの方法を実践すべきでしょう。

少し話が脱線しましたが、陰口を言う動機は他にもあります。



誰かのためになると考えている

全ての陰口の動機が優越感に浸りたいという欲求からくるわけではありません。

陰口は、他人を助けるために情報を共有したいという願望からくる場合もあることがわかっています。

このようなポジティブな陰口(噂話)は苦しい状況をポジティブなことができるという感覚に変え、人の気分を良くしたり、職場への帰属意識を高める効果があります。

自己中心的な性格が人間関係を破壊する【成功学が示す思いやりとは】
自己中心的な考えが過ぎると、成功の妨げになることがあらゆる研究により判明しています。 それとは、対称的に他人とのやり取りで、思いやりを優先させる人は幸せを感じやすく、成功する可能性が高いです。 今回、スタンフォード大学の成功学に基づき、...

陰口の衝動に駆られたら自分を客観視する

ネガティブな噂話を広げたい衝動に駆られたとき、自分の状況を客観的にみるようにします。

陰口を言う代わりにその人自身の考え興味経験を話して欲しいと頼んでみることも効果的です。

同僚が陰口を使いあなたと関係を築こうとしている場合、これらの方法を使うことで会話をよりポジティブなものに変えられる可能性があります。

不当な扱いを受けたときの対処法とは【夫婦・恋人関係】
夫婦、恋人関係にある相手に煽られたり、不当な扱いをされると、傷ついた思いや、怒りにとらわれ身動きがとれなくなることがよく見受けられます。 この状態に深く入り込めば抜け出すのが難しいです。 ここから抜け出せなくなると、あなた自身に悪影響を...

3つの法則で人間関係を改善させる

最後に職場の人間関係を改善させる方法について振り返ってみましょう。

  • まわりに助けが必要な人がいるのか考える
  • 親切を心がける
  • 他人の貢献を認め感謝する
  • 陰口の動機を理解する
  • 自分の価値を示す最適な方法を考える
  • 自分を客観的にみる
  • 協力的な関係を築く努力をする

職場内の問題によって対処法は異なりますが、まずは、自分が友情や協力的な関係を築く努力をすることが人間関係を改善するうえで最も大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました