新型コロナワクチンの正体【メディアでは明かされない真実とは】

学習

先日このような質問を頂きました。

 

日本でも新型コロナワクチンの接種が始まりましたが、

実際に安全と言えるのでしょうか。私自身接種した方が良いのか迷っています。

ご回答のほど宜しくお願い申し上げます。

 

原文まま

新型コロナワクチンの安全性について気になる方は多いと思います。

今回、メディアでは報じられないコロナワクチンの真実についてまとめました。

 



核酸ワクチンの承認は今回が初

今までワクチンとして承認され、実用されているものは主に下記の種類となります。

生ワクチン

別名、弱毒化ワクチン

病原体となるウイルスや細菌の毒性を弱めたものを直接接種させる方法。

生ワクチンは効果が持続しやすい特徴を持ちます。

主に、風疹麻疹BCGなどが適応です。

不活化ワクチン

病原体となるウイルスや細菌を加熱やホルマリン等の薬剤で処理し、感染力や毒力をなくした成分で作ったワクチン。

生ワクチンのように体内増殖が起こらない為、生ワクチンに比べ免疫力がつきにくい特徴があります。

場合によっては追加接種が必要となることも多々あります。

主に、インフルエンザ日本脳炎ポリオなどが適応です。

組換えタンパク質ワクチン

ウイルスの構造の一部を培養細胞や酵母で生産し、そのタンパク質を接種させます。

生ワクチン不活化ワクチンと比べ副作用が低いのが特徴です。

投与した際、免疫が機能するタンパク質を見つけられるかと、アジュバントというワクチン効果を高める成分が必要になることが課題となります。

主に、B型肝炎百日咳などが適応です。

しかし、今回のコロナワクチンはこれらに当てはまらず、核酸ワクチン(mRNAワクチン)と呼ばれる全くの別物です。



mRNAワクチン(核酸ワクチン)

ファイザー社()の新型コロナワクチンはmRNAワクチンと呼ばれるワクチンです。

ウイルスの成分のたんぱく質を、人体の中で作らせるという仕組みを利用しています。

少しだけ詳しく述べると、遺伝子の設計図である、DNARNAを転写し、人間のたんぱく質製造の仕組みを利用し、ウイルスの成分を体内で作らせることを目的としています。

核酸ワクチンは、ヒト用の医薬品として承認されたことがなかったワクチンです。

有効性については2021年2月24日現在、120万人を対象とした大規模な研究により認められています。

 

The New England Journal of Medicine: Research & Review Articles on Disease & Clinical Practice
The New England Journal of Medicine (NEJM) is a weekly general medical journal that publishes new medical research and review articles, and editorial opinion on...

 

また2021年5月現在、変異型に対する効果も認められています。

しかし、2021年8月現在、藤田医科大学の発表によると、ファイザー製ワクチン1回目の接種から3カ月後の抗体の量は、2回目の接種から14日後と比べ、約4分の1にまで減少しており、ワクチンの効果が時間とともに低下することが判明しています。

mRNAワクチンの安全性

先ほども述べましたが、

今回の核酸だけを打ち込むワクチンは、ヒトで初めて承認されたことが事実です。

動物実験や理論上ではうまくいっております。

しかし、ヒトでの承認は初めての為、課題の洗い出しはこれからです。

この緊急事態下で、本来10~20かけてもおかしくない検証を飛ばしていることを頭に入れておきましょう。

ワクチンの治験が停止されるような副作用が出ているにも関わらず、緊急事態ということで基準が甘くなっていることも事実です。

1年足らずで作られたワクチンは、安全性充分に検証できているとは言えません

製造が比較的簡単、コストが安い、量産可能というメリットに対し、未来の安全性はこれからということを理解しておく必要があります。

10年後も安全と言い切れるメディアがあるとすれば、予言者ではないでしょうか。

世界的に見て、喫煙者、COPDなどの重症化リスクの高い方や、糖尿病、透析患者など基礎疾患のある方の摂取が推奨されます。

レプリコンワクチンとは?【最先端の国産ワクチンの特徴(VLP社製)】
VLP Therapeutics社の新型ワクチンは、自己増殖RNAを有効成分とし、DDS技術の1種であるLipid Nanoparticle(脂質ナノ粒子)を用いた製剤です。 この一文だけでは、VLP社のワクチンがどのようなものかよくわか...

まとめ

何事もメディアの情報を鵜呑みにするのではなく、自分の目で公的情報、研究結果を見て、妥当なラインを定めて判断していくことが大切です。

厚生労働省のホームページで、ワクチンの安全性が確認されていると記載がありますが、今回まとめた内容を踏まえると、ヒトに対しては、数〜10年後の安全性はまだわからないと言った方が正しいかと思います。

強制的なワクチン接種ではないので、この事実を頭に入れた上で、自分の意思で摂取の判断をすることが大切です。

また、SNS上の副作用デマに惑わされず、自分で文献を調べ、あらゆる視点で客観的な判断が求められます。

1日でも早いCovid-19の終息を願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました