誰とでもすぐに打ち解ける8つの方法【職場の人間関係②】

仕事

すぐにその場の環境になじみ、誰とでも打ち解けられる人の特徴はなんでしょうか。

また、なかなか周りと打ち解けられないのはなぜでしょう。

今回、新しい環境や職場において、よそ者として悪目立ちすることなく、仲間の一員として迎えられ、すぐに打ち解けるための方法について解説します。

今回、職場にスポットを当てて解説していますが、紹介している方法は、他の様々な場面で応用できるので是非参考にしてみてくださいね。



周囲と打ち解ける方法

早速、周りの人たちと打ち解けるための方法についてみていきましょう。

職場の人間関係を改善する3つの方法【陰口の心理】
職場での社会的なストレスは、仕事の負担からくるストレスよりも私たちを苦しめることがあります。 また、職場で人間関係に悩んでいる人は、そうでない人に比べて不眠症に苦しむ傾向があることがわかっています。 なぜ、職場での人間関係に悩んでしまう...

相手に合わせた接し方をする

様々なタイプの人間がいる環境で、全ての人にお同じような接し方をしていると、関わる人を満足させることはできません。

上司はそれぞれの部下に合わせた接し方をしなければならないし、部下も上司に対してそうしなければなりません。

改めて、自分の人との接し方を振り返ってみましょう。

「相手が誰でもいつも同じように接しているのか。」

「相手に合わせて態度を切り替えているだろうか。」

あなたの身近で成功している人を参考に、人との接し方を学ぶことが大切です。

相手の心を掴む方法【一緒に居たいと感じさせる5つの法則とは】
人は相手の何によって惹きつけられたり、敬遠したりするのでしょうか。 また、親近感を抱いたり、恐れたりするのは何によるのもでしょうか。 今回、相手の心を掴むための概念について解説し、相手に一緒に居たいと思われる方法について深掘りしました。...

職場の文化に合わせる

全ての企業や組織にはそれぞれの文化があります。

それを知るだけでも、あなたは優位に立ち、成功への近道を見つけられるでしょう。

カルチャーを知らない人、活用できない人は、周囲から浮いた存在となり、いいように利用される軽くみられることにつながります。

自分の職場の文化を全て受け入れる必要はなく、信じる必要もありません。

ただ打ち解けるために、周りに合わせる必要があるだけです。

職場の掟を知る

どんな会社にも、職場独自のおきてが存在します。

それを知り、活用する必要があるのです。

大切なのは、自分が働く職場のおきてを調べ、それを常に頭に入れておくことです。

また、その職場でのタブーとされているものを早めに知ることで、打ち解ける妨げになるものを排除することにもつながります。

人の行為を非難しない

批判めいたことを言い過ぎると、仲間とみなされなくなることがあります。

他人が休憩の時間をどう過ごそうと、あなたには関係のないことです。

自分が進む道に集中し、他の人が選んだ道はいちいち気にすることはありません。

気にしなければ、批判する気すら起きません。

批判をするとあなたのパーソナリティが決まってしまい、そういう人と思われてしまうリスクがあります。

他人を批判すると、逆に自分も型にはまってしまうものということを頭に入れておきましょう。

愚痴しか言わない人、愚痴ばかり言う人の対処法【愚痴り屋の心理】
愚痴ばかり言う人、愚痴しか言わない人、いわゆる愚痴り屋は、誰か他の人が欠陥を補ってくれるのを願っています。 そのため、聞こえる範囲にいる人たちに向かって何もかもうまくいかないという話を聞かせるのです。 今回、愚痴しか言わない人、愚痴ばか...

集団心理の重要性を知る

人は、集団を作るのが好きな生き物です。

そして、自分の集団に属していない相手排除し、攻撃してしまう性質も持っています。

つまり、集団に属していないと思われたら、よい反応は期待できません

集団心理の重要性を知り、集団に溶け込むことの大切さを理解しておく必要があります。

集団というものを観察すると、そこには同調行動があることにすぐに気がつくでしょう。

自己中心的な性格が人間関係を破壊する【成功学が示す思いやりとは】
自己中心的な考えが過ぎると、成功の妨げになることがあらゆる研究により判明しています。 それとは、対称的に他人とのやり取りで、思いやりを優先させる人は幸せを感じやすく、成功する可能性が高いです。 今回、スタンフォード大学の成功学に基づき、...

自分が有利になる人付き合いをする

職場で実権を握っているのは誰でしょうか。

早く打ち解けるために、本当に職場を動かしている人物を見極めることが必要になります。

どの会社でも、この陰の権力者と仲良くなることで、自分が有利になることが多々あります。

新しい環境では、自分の上司の耳の役割をしている人物を突き止め、その人と仲良くすることが大切です。

オキシトシンを分泌させる知っておくべき6つの方法とは?
幸福を求める順番を間違えると、人生が不幸になってしまうことがあります。 そして、多くの日本人が幸福を求める順番を間違えていることを以前、こちらの記事で解説しました。 幸せになりたければ、セロトニン起因の幸福(健康関連)を最優先し、次...

周囲と同じ言葉を使う

周囲に溶け込むとは、そこで使われている同じ言葉を話すことでもあります。

同じ意味の言葉でも、言い方が違っている場合、周囲が使っている言葉を使うように心がけましょう。

周囲が略称で呼んでいたら、あなたもその略称を使うようにします。

良好な信頼関係「ラポール」を築く4つのコツとは?
「良好な人間関係を長く続けたい。」 多くの人は、信頼できる相手に対して良好な関係を築きたいと思うものです。 良好な人間関係を表す「ラポール」と言う言葉をはじめて聞くという人も多いかと思います。 ラポール 語源は、フランス...

会社の視点で考える

会社の視点で物事を眺めることの大切さはすでに誰もが気づいています。

そこで、その姿勢をさらに一歩進めるように心がけましょう。

自分だけで考えているときも、周囲と話すときも、自分自身の問題ではなく、会社が抱える問題や課題を考え、話題にするようにします。

こうすることで、自分自身に対しても、周囲に対しても、あなたはすでに上司のようなものと納得させることができます。

すぐに周囲に打ち解けるためにも、同じ会社に所属している意識を感じさせることが大切です。



上司について

新しい職場や環境に行くと、自分より立場が上の人と関わることになります。

あなたの上司の扱い方次第で、周囲との打ち解け具合も変わってくるのです。

直属の上司の評判を上げる

当たり前ですが、上司の評判が良ければ、部署全体の評判が良くなります。

部署全体の評判が良くなれば、あなたにとってプラスになることは間違いないでしょう。

上司の陰口を言う人、上司に盾をつく人は数多く存在します。

確かに、上司が使えない人間なのかもしれませんが、そんな上司こそイメージアップが必要です。

つまり、使えない上司がいる場合、あなたが全力で助ける必要があるということです。

上司ができる存在に見えるだけで、あなたにとってプラスにしかなりません。

上司をよく見せようとする努力は、いずれ気づいてもらえます。

いつでも上司の手柄を賞賛し、いいところを指摘してあげましょう。

上司についてのネガティブ話に気をつける

チームとして働いている場合、同僚と上司について正直に話すことが必要なときがあります。

しかし、上司についてネガティブなことを言う場合、言う必要のある内容だけにとどめて、客観的な視点から指摘することが大切です。

非難めいた口調で言うのではなく、淡々と事実を指摘するように話すという努力が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました