最適なストレス対処法①【根本的にストレスを解消させる方法とは】

お悩み

ストレスを感じたとき、あなたはどんな行動をとりますか??

とにかく寝たり、たくさん食べたり、お酒を飲んだりと人それぞれです。

これらは全て、一時的な効果しか得られないため、根本的な解決策にはなりません。

今回、科学的根拠に基づいた最も効率的なストレス対処法についてまとめました。

まずストレスの種類についてみていきます。



ストレスの種類

一時的なストレス

日常生活で主に感じるストレスです。

ループ的なストレス

一時的なストレスを何度も繰り返すストレスです。

長期的なストレス

最も厄介かつ、ダメージの大きなストレスです。

ループ的なストレスが深刻化し、慢性的に感じるストレスです。

ストレスが日常的になり、ストレスと感じられなくなる場合もあり、とても危険です。

長期的なストレスには上手に対処しなければいけません。

それでは、対処法についてみていきます。

最適なストレス対処法

現状を正確に把握する

まず、自分のストレスに気づくことが大切です。

ストレスに悩む方のほとんどが、自分の心がどれだけ負担を感じているのか把握していません。

自分のストレスを把握しなければ、正しい対処をすることができません。

次に、どのうよにストレスを把握するのかみていきます。

ストレスサーモメーター

頭の中で、今のストレスに点数をつけます。過去最高のストレスを10点、ストレス無しを0点とし、自分のストレスに点数をつけてください。

明確な数字で示すと脳に安心感を与えることができます。

この行為だけでもストレスが軽減される研究結果が出ています。

筆記開示(エクスプレッシブライティング)

自分がストレスを感じだ時、その時の思考、感情を書き出して下さい。

簡単に言うと、感情を見える化するのです。

思ったことをそのまま書くことで、客観視することができます。

その結果、ストレスの原因を見つけることができます。

筆記開示を習慣化させることで、感情のコントロールが上手になります。

さらに、ストレス値を直接下げることに繋がります。

規則正しい生活を心がける

日々の生活習慣はストレスと大きく関係します。

食事睡眠運動この3つの基本をなくしてメンタルの安定は望めません。

当たり前と思う方もいると思いますが、この当たり前のことが出来ていない人が多く見受けられます。

ストレスに強くなる日常気をつけるべきポイントについてみていきます。

栄養バランスのとれた食事

栄養のバランスがとれていないとストレス耐性がつきません。

食事さえ改善すれば誰でもストレスに強くなります。

詳しくみていきます。

タンパク質を摂取する

糖質や脂質ばかり摂るのではなく、タンパク質を摂取しましょう。

タンパク質を摂ることで、過度な食欲が抑えられ健康的な体づくりの第一歩になります。

生の野菜や果物を毎日摂取する

生の野菜や果物を摂取することで、直接的に幸福感を上げることができます。

必然的に心理的苦痛のレベルが下がり、気持ちの安定に繋がります。

睡眠

7〜8時間が理想

日本人の睡眠時間は世界的に見ても不足し過ぎです。

睡眠不足は体に悪影響を及ぼします。

メンタルバランスの乱れ

生産性の低下

ホルモンバランスの低下

病気のリスクの上昇

これらを避ける為にも、WHO8時間の睡眠時間を推奨しています。

また、起きる時間は固定することが、メンタルヘルスを保つ上で重要です。

https://reiblogs.com/sleeping/

睡眠は次の日のコンディションにダイレクトに影響します。

疲労を溜めない為にも、睡眠の質を上げることが大切です。

運動

うつに対し、運動は薬と同等の効果があります。

ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院のKarmel Choi氏らの研究により、4時間の運動で、うつ発症リスクは17%低下するということがわかりました。

気持ちが凹みやすく、メンタルを安定させたい人ほど、できる範囲で良いので運動をしましょう。

運動と言っても家の周りを歩くだけでも良いのです。

体と心の健康を保ちたいなら運動は必須です。

https://reiblogs.com/walking/

まとめ

まずは、あなたのストレスがどのレベルのものなのか把握してください。

その後に、筆記開示を習慣化し、感情を上手にコントロールしてください。

繰り返しになりますが、心と体の健康を守るためには食事・睡眠・運動の3つが大切です。

バランスの悪い食生活

慢性的な睡眠不足

運動不足

是非、できるところから改善していきましょう。

あなたの人生、よりよいものに変えられるのはあなた自身の行動のみです。

だからといって無理のしすぎは禁物です。

時には人を頼ることも考えてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました