多くの日本人が間違える幸せの順番とは?【セロトニン編】

学習

私たちが幸せを感じるのは、100種類を超える脳内ホルモンの分泌によるものです。

そのなかで、セロトニンオキシトシンドーパミン3大幸福ホルモンとよばれています。

この3大幸福ホルモンのうち、人生の幸福の基盤にあるのはセロトニン起因の幸福です。

実は、幸福を求める順番を間違えると不幸に繋がってしまうことがわかっています。

さらに、多くの日本人がこの順番を間違えている悲しい現実も。

今回、すべての幸せの基盤であるセロトニン起因の幸福について深掘りしていきます。



3大幸福ホルモン

セロトニン起因の幸福を解説する前に、他の幸せホルモンとの違いについて簡単にみていきます。

それぞれのホルモンと関連するものについて以下にまとめました。

「セロトニン」

やすらぎ、気分の安定、健康関連

精神疾患、生活習慣病

「オキシトシン」

愛情、つながり、家族関連

家庭崩壊、イジメ

「ドーパミン」

お金、成功、名声

興奮、不安、中毒

幸福の順番とは?

これら3つの幸福ホルモンを分泌させるためには優先順位があります。

その結論は以下の通りです。

セロトニンオキシトシンドーパミン

この順番を間違えると幸福どころか、不幸になるケースもあるのです

例えば、成功健康より重視した場合、頑張りすぎて自分の健康が疎かになり、精神疾患や病気にかかってしまうケースも。

実は、多くの日本人が、この例のような成功(ドーパミン起因の幸せ)を先に手に入れようと頑張って、自分や家族の健康を軽視してしまっているのが現状です。

日本は、経済的にGDP世界3位にも関わらず、幸福度は先進国で最下位

幸福を求める順番を間違えている人が如何に多いかわかりますよね。

セロトニン起因の幸福を優先して頑張る人こそ最後に本当の成功、豊かさを手に入れることができるのです。

セロトニン起因の幸福

ここまで読んで頂いた方はもうお分かりかと思いますが、幸せの基盤にあるのは心と体の健康なのです。

大きな成功を収めたとしても、自分や家族の健康がなければ幸せとはいえません。

このセクションでセロトニン起因の幸福について深掘りしていきます。

セロトニンの分泌が低下すると?

セロトニンの分泌が低下すると私たちにどのような影響が出るのかみていきます。

感情が不安定

不安

イライラ

怒りやすい

苦しい

落ち込む

やる気が出ない

体調が悪い

集中力低下

パフォーマンス低下

病気

死にたい

これらの状態に陥ったとき、セロトニンの分泌が低下している証拠なので注意が必要です。

セロトニンが究極に低下すると、何もしたくない、生きていてもしょうがないとまで感じてしまうのです。

セロトニン分泌の習慣

セロトニン起因の幸福を手に入れる最もシンプルで確実な方法は以下の通りです。

朝日を浴びる

リズム運動

咀嚼

リズム運動とは、ウォーキングやランニング、ラジオ体操など、「1212」のかけ声に合わせてできる運動のことです。

朝の散歩がもたらす8つの効果【その日行うだけでも効果あり】

当たり前の幸せに気づく

例えば、出勤前に空をみて晴れていた場合。

多くの人は綺麗な青空をみても「晴れてるな。」程度にしか思わないでしょう。

しかし、空を見上げたとき「素敵な青空で気持ちがいい。」と気づくことができればセロトニンが分泌されます。

このような、小さな幸せに気づくことがセロトニンを分泌させることに繋がるのです。

「今」に注目して生きる

過去を悔やみ、未来を不安視する、これが精神疾患の患者さんの多くにみられる傾向です。

多くの人が過去と未来に囚われ、不幸になっていることに気づいていないのが現状です。

「今、楽しい」、「今、幸せ」これを長年続けることが、自分の人生を豊かにすることに繋がります。

3行ポジティブ日記

その日起こった「楽しい」を感じることができるとセロトニンは分泌されます。

そのためにポジティブを集める能力を高めることが必要です。

3行ポジティブ日記とは、ポジティブ思考をトレーニングする方法のひとつです。

3行ポジティブ日記

寝る前15分以内、今日あった楽しい出来事を3つ書く。

たったこれだけで、ハッピーな気分で眠りに入ることができます。

寝る15分前は、記憶のゴールデンタイムと呼ばれ、圧倒的に記憶されやすいのです。

必死に頑張りすぎない

休憩時間をとらず、睡眠時間を削り、必死に働き続ける。

このように必死に頑張り続けると、精神疾患生活習慣病のリスクが格段に上がります。

真面目な人ほどこのような状態に陥りやすいです。

日本人はダラダラ過ごすことに罪悪感を持ちやすい傾向にあります。

休日に1日中ダラダラして過ごすことは究極のリラックスといえます。

頑張りすぎている人は、このような素晴らしい充電時間を生活に取り入れてみてもいいのではないでしょうか。

健康こそ人生の基盤

今回、セロトニン起因の幸せについて解説しましたが、次回以降、オキシトシン・ドーパミンについても解説していきます。

自分を犠牲にして頑張ってしまっても、いつかはバッテリー切れしてまいます。

最高の幸福を手に入れたければ、今回紹介したセロトニン起因の幸福を最優先するように心がけましょう。

 

参考文献

Shion kabasawathe THREE HAPPINESS」Asuka Shinsha,2021

コメント

タイトルとURLをコピーしました