ランニングすべきなのは朝?夜?【それぞれのメリットと注意点】

運動

ランニングすることで、

脳機能、心配機能の向上に加え、病気のリスクを低下させます。

また、細胞が活性化され、美肌へ導き、

適度な筋力がつくことで、体が引き締まります。

健康的な体を手に入れるために効果的なランニング。

ランニングを朝と夜どちらに行うと良いのかと疑問を抱く方もいるかと思います。

結論から言うと、一概にどちらが良いとは言い切れません。

ランニングをする目的によっては、どちらが良いとハッキリ言えるものもありますが、人それぞれ、自分の生活に合わせてランニングを行い、習慣化させることが最も大切です。

朝と夜、それぞれランニングをする上で注意するポイントがあります。

それさえ気をつけて頂けると、朝でも夜でも健康に良いのです。

では、それぞれのメリットと注意点についてみていきましょう。

朝ランニングのメリット

  • 脳を活性化させる
  • 体内時計を整える
  • 仕事のパフォーマンス向上
  • 睡眠の質が上がる
  • ストレス解消
  • 太りにくい体になる

実践してみるとわかるのですが、

朝のランニングをすることで、スッキリした気分で一日を始めることができます。

また、ダイエット目的でランニングする方は、朝に行うことをおすすめします。

空腹状態での朝ランニングは、

脂肪燃焼率が非常に高いです。

注意点

寝起きすぐは血圧が低いです。

寝起きすぐに走るのではなく、

寝ている間に失われた水分を補給し、

30分程度時間を空けてから走るべきです。

朝はゆったりローペースに走りましょう。

夜ランニングのメリット

  • 時間を気にせず行える
  • 紫外線の影響を受けない
  • 体が良く動く
  • その日のストレス発散
  • 程良い疲労により寝つきが良くなる

朝よりも、深部体温が高く体が良く動きます。

また、朝に仕事前で時間を作れない方にもおすすめです。

時間を気にすることなく行える為、マイペースでランニングすることができます。

また、紫外線の影響をあまり受けない為、日焼けを気にする方でも気軽に行うことができます。

注意点

夜は身の安全に注意しましょう。

深部体温が下がる20時以降のランニングは、睡眠に影響する為避けましょう。

人それぞれ生活リズムが違えど、

就寝の23時間前にはランニングを終えましょう。

ランニングしてから夜ご飯を食べて、お風呂に入り、ストレッチなどを行い体をリラックスさせましょう。

お風呂に入ることで、体温が上がります。

その後体温が下がることで、

睡眠導入の効率も上がります。

まとめ

朝は朝で、夜は夜でメリットが異なります。

自分の生活に合わせてランニングを行いましょう。

それぞれの注意点に気をつけてランニングを行い、健康な体を手に入れましょう。

肥満に効く手軽に摂れる食材10選【水分量と食物繊維がカギ】
慢性的な肥満に悩む方へ。手軽に摂れる食材を紹介します。食べすぎを抑える食品の特徴として、食物繊維、水分が多く、脂肪分、塩分が控えめなものが挙げられます。食欲が爆発してしまうと肥満からは抜け出せません。これから紹介する食材を食べることで、..

コメント

タイトルとURLをコピーしました