レプリコンワクチンとは?【最先端の国産ワクチンの特徴(VLP社製)】

学習

VLP Therapeuticsの新型ワクチンは、自己増殖RNAを有効成分とし、DDS技術の1種であるLipid Nanoparticle(脂質ナノ粒子)を用いた製剤です。

この一文だけでは、VLP社のワクチンがどのようなものかよくわからないですよね。

今回、国産の新型ワクチン、レプリコンの特徴について、比較的わかりやすく解説しました。



レプリコンワクチンの特徴とは?

体内に投与した後、RNA増幅が起こる機能を足したものを自己増殖RNAレプリコンといいます。

早速、レプリコンワクチンの特徴についてみていきましょう。

摂取量を大幅に減らすことができる

mRNAワクチンは、RNAを細胞に運ぶだけで、そこからタンパク質の合成が始まります。

それに対して、レプリコンワクチンは、RNAを増やすタンパク質をまず増やします。

そうすることで、RNAの量、つまり抗原を大幅に増やすことができます。

そのため、少量の摂取で済むというわけです。

さらに、効果の持続時間も長くなることが期待されています。

また、スパイクタンパクを全部使うのではなく、一番重要な部分だけを使い、ウイルスの外側の殻の代わりに脂質RNAをくるんでいます。

製造に時間がかからない

レプリコンの粒子が127gくらいあれば、本の人口(12000万人)分くらいのワクチンを作ることができます。

他のワクチンはどうかといと、DNAワクチンの場合は同じ127g36万人分くらい、mRNAワクチンは約60万人分くらいです。

管理が容易

ファイザー製、モデルナ製のワクチンは、マイナス80℃という超低温で保管しなければいけません。

しかし、レプリコンワクチンはプラス4℃12ヶ月安定して保存することが可能です。

今後、粉状で水に戻すタイプのワクチン開発の研究も進め、常温で12年保存可能な未来が訪れるかもしれません。

また、KMバイオロジクスが開発中の、不活化ワクチンも冷蔵での保存が可能です。

ちなみに、こちらの不活化ワクチンは、すでに治験(臨床試験)をはじめており、2022年春までに生産体制を整える予定です。(20218月現在)

品質が良い

先日、モデルナ製ワクチンの異物混入がありましたか、既存のmRNAワクチンは、ロット番号ごとに品質が異なっています。

それと比較して、現在開発中の国産ワクチンの品質は保証できるそうです。



VLPTジャパン

VLPTジャパンと聞いて、初めて耳にする方も多いでしょう。

VLPTジャパンは2020年に、VLPセラピューティクス子会社として設立された企業です。

創業者の赤畑氏は、東京大学教養学部を卒業後、京都大学ウイルス研究所の速水正憲教授のもとでHIVワクチンの研究開発に携わり、その後ウイルス様粒子(VLP)を使ったチクングンヤ熱ワクチンを開発。

現在は米VLPセラピューティクスのCEOで、VLPTジャパンの代表職務執行者を務めています。

今後の研究に注目が集まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました