読書がもたらす最高のメリット【人生を豊かにする5つの効果】

学習

「本を読むことは人生を豊かにする」

「読書=頭が良くなる」

子供の頃からこのように教わった方も多いかと思います。

「読書が人生に影響するなんて大袈裟だ」そう思う方へ。

今回、読書がもたらす最高のメリットを5つ紹介します。

この記事により、本を読む人が1人でも増えてくれればと思います。

さっそく読書がもたらす最高のメリットを見ていきましょう。



読書がもたらすメリット

知識量の増加

知識量の増加は読書における最高のメリットであると私は考えます。

読書で得られた知識は生きる上で財産になります。

専門書やビジネス本でなくとも豊富な知識を得られることこそ本の魅力です。

フィクションの小説、エッセイであろうと、様々な知識、雑学、経験をインプットすることができるのです。

語彙力の向上

本を読んでいると少なからず自分の知らない言葉に出会います。

その知らない言葉の意味を調べ、自分も使えるようにすることで語彙力が格段に高まります。

実際に、多くの本を読む方は言葉のチョイスが秀逸です。

中には、一緒に話しているだけなのに心地よい気持ちにさせてくれる人もいます。

知識量が多く、素敵な言葉を操る人であれば、少しお話するだけで魅了されます。

つまり、本を読むことは、あなたの魅力アップに繋がると言えます。

本を読み、書かれているノウハウを実践できるよう努めていくことで、より豊かな人生に繋がると考えられます。

ストレス値の低減

ストレス軽減

本を読んで心が穏やかな気持ちになる経験はありませんか?

あの心地よさも、読書がもたらす素晴らしい効果といえます。

読書によるストレス軽減効果は科学的に立証されています。

あらゆる論文を総括すると30分程度の読書により、精神的・身体的ストレスを軽減させる効果が示されています。

ビブリオセラピー(Bibliotherapy)

世界に目を向けてみると、イギリスやアメリカでは、精神疾患の患者に対して薬ではなく、読書での療養することがあります。

日本ではあまり認知されていませんが、世界ではこのような読書療法をビブリオセラピー(Bibliotherapy)と呼んでいます。

ビブリオセラピー

医学・精神医学療法の補助手段として 選出された読み物を用いること。

指導に沿った読みを通して個々人の問題解決を導くこと

ビブリオセラピーの研究論文の増加傾向を見ると、今後の発展に期待が高まります。

記憶力、学習効果の向上

読書をすることで脳の言語処理を司る部分(言語中枢)を活性化させます。

思考だけでなく、読解、考察をする読書は加齢による認知力の低下も防ぐことができるのです。

また、音読することで、学習効果を3割程度向上させることが期待できます。

死亡率の低下

アメリカのイエール大学の研究によると、読書を習慣化している人は、そうでない人に比べ、死亡率が10~25%低くなることが認められました。

読書により認知機能を維持し続けることが寿命に関係しているのだとか。

また、認知機能が向上することで、自身の状態を客観的に把握し、物事を適切に処理することが容易になります。

つまり、読書を続けることはより生きやすい人生を送る手助けになると言えるでしょう。

やる気を上げるには?【手軽にできるモチベーションUPの方法】 | Reiblog (reiblogs.com)

あらゆる場面において選択肢の幅が広がる

選択肢の幅を広げる

先述したように、読書で得られた知識はあなたの財産です。

人生の選択肢を大きく広げるためには読書が最もコスパに優れます。

人間誰しも、様々な場面で選択する必要が問われます。

そんな時、読書で得られた知識を応用し、自分の力で物事を変えられるという認識を持ち、選択するように心がけましょう。

まとめ

以上のことより、本を読むことは人生をより豊かなものにすると私は考えます。

今回紹介したメリットに付随して、読書することでコミュニケーション能力共感力向上、など他にも良い影響をもたらし魅力溢れる人間に見られることに繋がります。

実際、私の周りにの読書を趣味にしている方々は皆素敵です。

私自身も、素敵な言葉を操れるよう日々精進して参ります。

普段全く本を読まない方は、自分のライフスタイルに合わせ、本の世界を少しだけ覗いてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました