良好な信頼関係「ラポール」を築く4つのコツとは?

心理

「良好な人間関係を長く続けたい。」

 

多くの人は、信頼できる相手に対して良好な関係を築きたいと思うものです。

良好な人間関係を表す「ラポール」と言う言葉をはじめて聞くという人も多いかと思います。

ラポール

語源は、フランス語のrapport(ラポート)で、架け橋という意味をもつ。

人と人を繋ぐ、意思の疎通や良好な信頼関係という解釈で用いられる。

ラポールについて知識があるのとないのとでは人間関係の構築において大きな差が生じます。

ラポールを築くことで、初対面の相手に対しても、信頼感安心感を与えることができ、円滑なコミュニケーションを行うことができるのです。

そこで今回、ラポールの基本項目から実践するうえでのコツについてまとめました。



ラポールの基本項目

まずは、ラポールの基本項目について簡単にまとめました。

頭の片隅に入れていただけると嬉しいです。

1.ミラーリング

相手の表情、しぐさに対して鏡のように同じ動作をとること。好意を感じさせるために行う。

2.マッチング

相手の話し方や声のトーン、呼吸を合わせること。聴覚を意識さることが大切。

3.ぺーシング

相手との会話の最中に、相手のペースに合わせること。共感を高めるために行う。

4.バックトラッキング

相手が言ったことに対し、オウム返しのように返事すること。

これらの専門用語を無理して覚える必要はありません。

実践で使えるかどうかが大切なので、ラポール形成のコツについて次にみていきましょう。

ラポール形成のコツとは

ラポールの基本項目はさらっと流して、ラポール形成のコツについて解説します。

雑談ではなく深い質問をする

だらだらとした雑談よりも、深い質問をなるべく早い段階でするように心がけましょう。

いわゆるダルい会話を省いて、コミュニケーションの生産性を高めることが大切です。

では、どのような質問をすればよいのでしょうか。

私が実践している方法を紹介します。

相手が大切にしていることの理由を聞く

相手の好きなもの、好きなことに対してどうして好きなのか理由を聞くようにします。

さらに、理由を聞いて終わるのではなく、きっかけも聞いてあげると、相手のバックグラウンドを知ることができます。

こうするだけで、相手への好奇心が伝わり、共感を高めることに繋がります。

休みの日に何をしているか質問する

この質問は、相手の趣味ハマっているものを知ることができます。

直接趣味を聞くのもよいのですが、この質問のほうが相手が自由に答えることができるのでおすすめです。

こうすることで、自分と相手との共通点を見つけることができ、好意を高めることにも繋がります。

相手の知識を引き出す質問をする

相手が得意なことや、ためになる知識を語ったとき、どのように勉強したか聞くようにします。

この質問は、相手の努力や、人生における重要なポイントについて知ることに繋がります。

ラポール形成にNGな行動

ラポールを築く方法について学びましたが、NGな行動もいくつかあります。

〜すべきと相手に指示する

あなたはこれをすべきと言われると、言われた側は命令されているように感じます。

人間は、基本的に命令を嫌います。

相手の言っていることに対し、興味を持ち理解することが大切です。

たとえ自分が違う意見を持っていても、相手を認める姿勢をとるように心がけましょう。

沈黙を埋めようとする

相手が頭の中で悩んだり考えている最中は、待ってあげるようにしましょう。

急いで会話を進めるのではなく、考える時間を与えることが大切です。

沈黙を恐れる必要はありません。

沈黙を許せる関係ほど信頼感が強いといえるのです。

相手が言ったことに対し自分主体で経験を語る

相手が話したことをきっかけにし、自分のことを語りすぎると関係が壊れやすくなります。

この行為をよくやる人は、人間関係が損なわれる傾向にあることがわかっています。

相手からの印象が悪くなる6つの行動とは【嫌われる人の特徴】
誰にでも嫌われてしまう行動は、できれば避けたいですよね。 しかし、相手への印象を悪くする行動の多くは、本人が無意識のうちにやってしまっています。 そうならないように、今回これだけは避けて欲しい6つの行動についてまとめました。 印象...

これら3つを行うだけでラポール形成が難しくなります

この他にも良好な信頼関係を崩してしまう大きな原因として、依頼の仕方が挙げられます。

上手な依頼のポイント 

良好な関係だと思っていても、依頼の仕方次第で、相手との関係を大きく変えてしまいます

では、どのように相手にお願いすればよいのでしょうか。

いくつかのポイントごとに分けて解説します。

相手にメリットのある依頼をする

相手にとってなんならかのメリットがある場合は依頼し、相手にメリットが全くない場合は頼まないようにすることが依頼するうえで大切なことです。

相手にとってメリットがない依頼を続けてしまうと信頼性を損ない、悪い印象を与えることに繋がります。

だからといって、露骨にこんなメリットがあるということを伝えてはいけません。

なぜなら、「押し付けがましい」「自己中心的」と思われるだけでなく、相手からするとメリットに感じないケースがあるからです。

メリットになるかどうかは相手が判断するということを頭に入れておく必要があります。

断りやすさに配慮する

多くの日本人は、依頼を断ることに大きなエネルギーを使います。

これは、「相手に悪く思われたくない」「失礼になってしまうのではないか」などという気持ちを抱くからです。

つまり、依頼するときに相手の返信の負担を軽減する必要があります。

断りやすい依頼をするだけで、相手に対する印象がよくなり、断られても良好な関係を築くことに繋がります。

返報性の原理を使わない

人は相手に何かをしてもらうと、その人に頼み事をされたときに断りづらくなります。

これを専門用語で返報性の原理といいます。

このような心理を利用した依頼は避けるべきです。

返報性の原理が強く働く一方で、借りをつくりたくないという心理も無意識に働きます。

つまり、依頼された相手は、お返しをしなければいけない状態に陥ることを避けたいと思うようになります。

良好な関係を長続きさせたい場合は、一件一件の依頼が別物と意識することが大切です。

よりよい人間関係を築こう

ラポールのコツを身につけるだけで、人間関係が大きく変化します。

ラポール形成の知識があるだけで、コミュニケーションにおいて重要な傾聴が上手になります。

傾聴が上手な人ほど、好かれたい相手に好かれ、良好な関係を長く築くことができるので、普段から今回紹介した方法を意識し実践することをおすすめします。

相手に好印象を与える5つのテクニック【人に好かれるひと言とは】
「好かれる人」は、相手に好印象を与える方法を知っています。 一方で、好かれる方法を知らずに損をしてしまっている人も少なからず存在します。 好印象を与えるコツさえ掴めば、誰もが好感度を上げることができます。 今回、相手に好印...

コメント

タイトルとURLをコピーしました