仕事で成果を出す8つの方法【成果が出ない人から昇進する人へ】

仕事

仕事で成果を出せない人と、昇進する人の特徴はなんでしょう。

そこまで仕事ができるわけではない人は、成果を上げる方法を知らない場合が多いです。

今回、仕事で成果を出せない人が、昇進する人になるために必要な8つの方法についてまとめました。



変化し成長し続ける人

ほとんどの人は、仕事があるということだけで満足しています。

しかし、成果を上げるためには、仕事があるだけで満足するような人になってはいけません。

目標は人それぞれですが、とにかく自分の夢のリストを実現するために、あなたは仕事に取り組む必要があります。

仕事中の行動はすべて一歩先を見据え、さらに上を目指す意識が大切です。

仕事での成果を出す方法

早速、仕事での成果を出す方法について解説していきます。

仕事をこなす量を増やす

周りの同僚たちは昼休みを心待ちにしたり、どのようにして楽に働こうか考えているかもしれません。

しかし、成果を出すためには計画を練り、やるべきことを着実に実行する必要があります。

あなたの目標は昇進かもしれないし、違う何かかもしれませんが、とにかく自分の目標を一つの動くものとして捉えることが大切です。

与えられた仕事をしていれば十分という考えは今すぐ捨てましょう。

人は同じところに留まりやすい性質があります。

しかし、動き続けなければ停滞する一方です。

成果を出せる人の正体は、動き続けることができる人なのです。

コンフォートゾーンから抜け出す4つの方法とは【自己成長のコツ】
私たちが普段行動している領域のことをコンフォートゾーン(快適領域)といいます。 コンフォートゾーンから抜け出すことで、自分の成長と、ドーパミンに起因する幸福感を得られます。 しかし、新しいことに挑戦しようと思うと、失敗のリスクを恐れるの...

自分の特技を持つ

仕事における自分の特技とは、まだ誰も手をつけていないことで、組織全体にとって役に立つ分野を見つけるということです。

自分だけの仕事を持っている人は幅広い活動をすることができます。

自分だけの特技を持っている人は、直属の上司だけでなく、他の様々な人たちから注目してもらえるでしょう。

約束は控えめに

一週間でできる仕事は、2週間で仕上げると言います。

不測の事態を計算に入れ、慎重な態度を取ることが約束する上で大切になります。

約束よりも早く仕上げたり、いい結果を出したりすることは、仕事ができる人というイメージを周りに与えることにつながります。

すなわち、約束以下の仕事はしてはいけないということです。



組織全体の動きに興味を持つ

誰しも単なる組織の歯車の一つでなく、もっと重要な部分になりたいはずです。

そうなるためには、組織が動く仕組みを知り、組織全体の目標を知らなければなりません。

それを知るために、質問をしましょう。

新しいプロジェクトについて説明を受けたら、それが大きな目標の中でどんな役割を果たすのか尋ねます。

市場のトレンドなのか、それとも会社が革新的なことをしようとしているのか。

質問する目的の一つは、会社全体を気にかけ、愛社精神のある高い地位にふさわしい人物だと評価されるためですが、それだけではありません。

自分に与えられた仕事が、全体像の中でどんな役割を果たすのかが分かれば、やりがいが出てきます。

そうすることで、やる気モチベーションに溢れながら仕事に取り組むことができるでしょう。

困難を望むことで得られる3つのメリット【困難を操る方法とは】
困難に直面したとき、目的意識を持っている人は、どんなに大変だろうと、今自分がしていることに意味を持たせることができます。 一方で、困難を避けようとする人は、今すぐ得られる満足のことしか考えていません。 また、目的意識は行動しなければ持つ...

他人のミスから学ぶ

誰か身近な人が失敗したら、その度に失敗のすべてを知らなければなりません。

ただし、自分の失敗を同僚に根掘り葉掘り聞かれて嬉しい人なんていないでしょう。

他人の失敗を騒ぎ立て見下している人だと思われかねません。

目立たないように同僚のミスの原因を突き止める最善の方法は、困っている同僚を助けることです。

職場の人間関係を改善する3つの方法【陰口の心理】
職場での社会的なストレスは、仕事の負担からくるストレスよりも私たちを苦しめることがあります。 また、職場で人間関係に悩んでいる人は、そうでない人に比べて不眠症に苦しむ傾向があることがわかっています。 なぜ、職場での人間関係に悩んでしまう...

そもそも仕事で誰かが失敗するのは避けられません。

同僚のミスの挽回を助けるのは当然のことで、さらにその原因を学べるというおまけがついてくるのです。

ミスの原因が分かれば、自分も同じミスをする危険があるかどうか考えましょう。

同僚が何か失敗したら、自分はあんな失敗はしない慢心するのではなく、真摯な態度で失敗の原因を突き止めるようにしましょう。

人に誤解される原因とは【誤解をなくして信用度を高める方法】
人は誰しも、無意識のうちに次の2つの間違った思い込みによって行動しがちです。 相手が自分を客観的にみてくれているという思い込み 自分が自分自身を見るのと同じように、相手も自分をみてくれるという思い込み なぜ...

自分の仕事を楽しむ

もし自分の仕事が楽しくない場合、その仕事をする意味はあるのでしょうか。

世の中には自分の仕事を楽しんでいる人がたくさんいます。

もちろん私も楽しんで仕事をしています。

仕事柄、毎日感謝されるのでやりがいも絶えません。

しかし、自分の仕事を嫌い文句ばかり言うのが歓迎されるような風潮もあります。

仕事が楽しい。

これは本当に成功している人だけが知っている秘密なのです。

仕事は楽しいということに気づくと、足取りが軽くなり、ストレスが少なくなり、前向きなオーラが出てきます。

仕事は楽しいと、自分の胸に刻んでおきましょう。

仕事は楽しいと知っている人は、日々直面する難問を楽しみ、ストレスを楽しみ、自分の真価が試される場面を楽しみ、新しい成長を楽しむことができます。

楽しいことしか楽しくないと考えるような人は、仕事本来の楽しさを味わえず、いつも不平ばかりの人生が続いてしまうでしょう。

幸運を呼び込む人の特徴【科学的に運をよくする方法を解説】
幸運とは、小さな選択や行動の積み重ねで、少しずつ向上した結果、長期的に成功する結果が上がったことを意味します。 つまり、あなた自身の行動によって、運のよさを変えられるということです。 今回、幸運を呼び込む人の特徴と、運をよくするためにで...

労働時間に気をつける

仕事に情熱を持つことは、毎日遅くまで残業することではありません。

仕事への情熱を証明するために長時間働くことは馬鹿げています。

エネルギーを吸い取られるような働き方をしていては、仕事を愛する気持ちを維持することは難しいでしょう。

仕事への情熱の意味は、自分の仕事の質に責任を持つということです。

大切なのは結果であり、その結果を出すまでにかかった時間は関係ありません。

それに、もし仕事に対して情熱を持っているのなら、他人よりもずっと少ない時間で同じ結果を出せるはずでしょう。

もし、情熱を感じることができなければ、仕事を別の角度から眺めてみましょう。

見方を変えれば、何か好きなものが見つかるかもしれません。

探さなければ、見つかることはないでしょう。

最適な時間管理術とは?【生産性を上げる方法】
「やることが多すぎて、終わらない。」 「もっと時間を効率的に使いたい。」 「少しでも生産性を高めたい。」 大人になってから時間...

エネルギーを管理する

今よりも時間を上手に使う方法は必ず存在します。

時間管理の上達のためにあらゆる努力をするべきでしょう。

その結果、達成できることが増え、自分のために使える時間も多くなります。

管理しなければいけないものは、もう一つあります。

それが、エネルギーです。

仕事にはかなりのエネルギーが必要になります。

仕事に必要なエネルギーをきちんと確保しておくことはあなたが成果を上げるために重要な要素になります。

疲労感をもたらす3つ原因と対処法【エネルギーの上手な使い方】
「職場に着いてもなかなかやる気がでない」 「毎日体が重く、疲労感が取れない。」 「いらだちにより、批判的な態度をとってしまう。」 「やる気を出すためのエネルギーを感じない。」 これらはバーンアウトの兆候です。 バーンアウト...

成果を上げるコツ

そこまで仕事ができるわけではない人はどうしたらよいのでしょうか。

頑張って仕事ができる人になるためには、学び勉強し経験を積みます

知識を蓄え本を読み質問をして仕事のすべてを自分のものにしましょう。

できる人の仕事のコツを簡単にまとめます。

  • 仕事の期限の延長はしない
  • 仕事の安請負はしない
  • 仕事が大変だと愚痴や文句を言わない
  • できないものはキッパリと断り、仕事を抱えすぎない
  • 効率を上げ、負担を減らす方法を常に考える

こうした努力を怠らず、力をつけて初めて仕事ができる人になれるというわけです。



仕事を引き受けるとき

仕事をすべて引き受ければみんなに感謝され、評価される。

このように考える人が多く見受けられますが、これは大きな間違いです。

なんでも引き受けるタイプの人は、ずる賢い上司にいいように利用されます。

働いても全く評価されないという悲しいことが起きてしまうことも。

仕事を引き受ける前には、以下のことを考えるように心がけましょう。

  • その仕事は自分の目標達成の助けになるのか
  • その仕事を引き受けたら、周りの目に自分はどのように映るのか
  • 引き受けなかった場合、自分はどんな人間だと思われるのか
  • その仕事のために、本当に自分を必要としているのか

慎重な考えが大切

誰もがやりたくない汚れ仕事を率先して引き受ければ、「使える人間」と一目置かれることになるかもしれません。

しかし、馬鹿だからそんな仕事を引き受けるのだと、軽く見られる可能性も十分にあります。

だからこそ、引き受ける仕事に関しては慎重に考える必要があります。

自ら仕事を引き受けるのは、本当に感謝され自分にとってもプラスになると確信できるときだけです。

参考文献

Richard,Templar「The Rules Of Work A Definitive Code For Personal Success」

コメント

タイトルとURLをコピーしました