先延ばし癖を改善する6つの対策【先延ばし癖の直し方】

心理

 

やらなきゃいけないことはわかっているんだけど行動に移せない。

なかなか先延ばし癖がなかなか治らない。

やらなければいけないことを、つい後回しにしてしまう、いわゆる先延ばし癖を直すにはどうすればよいのでしょうか。

今回、先延ばし癖を直すべく6つの方法を、先延ばしのメカニズムに触れながら解説していきます。



先延ばし癖を改善する方法

先延ばし癖を改善する方法やアイデアはたくさんあります。

今回、6つの項目ごとに解説していきます。

先延ばしの原因を知る

まず、どうすれば先延ばしを直せるかを考えるのではなく、改善したい行動を具体的に考え、先伸ばしの原因を見極めましょう。

先延ばし癖のある人は、多くの場合、先延ばしにしてしまう原因を探ろうとしません。

まずは、自分が抱えている問題の原因を知ることが大切なのです。

優柔普段忍耐不足疲労蓄積など課題に取り組めない理由はなんでしょう。

問題の原因を正確に分類できれば、解決策は自ずと明らかになります。

先延ばし癖を改善する第一歩は、原因を明確にすることです。

課題の細分化

課題を細分化することも、先延ばし癖を改善するために有効な方法です。

大きな課題に圧倒されそうになったとき、その課題を達成するための段階を時系列ごとにリストアップします。

どんなに大きな課題でも、それをいくつかの段階に細分化して、順にこなしていけば難なく処理できるでしょう。

前日までに計画を立てる

時間術の研究によると、その日の朝に一日の計画を立てるより、前日に計画を立てる方が効果的であることがわかっています。

自分が実行したい計画は、あらかじめ前日までに立てるようにします。

面倒な課題や、先延ばしにしがちな課題の場合、前日までに計画を立てておくことで先延ばし改善につながります。

きっかけを作る

「計画すら立てるのがめんどくさいよ。」

このような人は、課題に関することならばなんでもいいので、とにかくそれをやってみましょう。

とにかく小さな一歩を踏み出してきっかけを作ることが先延ばし改善に効果的です。

また、5分間の実行というテクニックもおすすめできます。

課題をとにかく5分だけやるという非常に単純なものです。

5分間取り組んだ後、他のことをしてもいいでしょうし、さらに5分継続してもいいでしょう。

ずっと避けてきた面倒な課題に取り組むと、作業を継続したいという衝動に駆られることが多いです。

仕事を充実させる8つの方法【目標を実現させるコツとは】
自分の仕事で目指す目標は決まっているでしょうか。 もしわからなければ、なんとなく仕事をし続けることになるでしょう。 つまり、毎日なんとなく仕事をしている人は、充実さを手に入れるのは難しいといえます。 今回、自分の仕事において、目標を実...

難題から取り組む

面倒な課題に直面したとき、先延ばし癖のある人は、厄介なことは避けたいという理由からその課題をほったらかしにするケースが多く見受けられます。

簡単な課題から取り組んだ方がやる気に火がつくという人は、もちろんそれでよいでしょう。

最も困難な部分に取り組むことで、残りのタスクが楽に感じ、すぐにこなせるようになることも多々あります。

困難を望むことで得られる3つのメリット【困難を操る方法とは】
困難に直面したとき、目的意識を持っている人は、どんなに大変だろうと、今自分がしていることに意味を持たせることができます。 一方で、困難を避けようとする人は、今すぐ得られる満足のことしか考えていません。 また、目的意識は行動しなければ持つ...

やらないことを決める

先延ばし癖には、疲れや、自制心の無さなど様々な原因があります。

しかし、このような精神的要因ではなく、時間が足りないからという人もいるでしょう。

このような場合は、やるべき項目の選定が効果的です。

やるべきリストから、削除できる項目があるかどうか考えてみましょう。

限られた時間の中で満足感が得られない項目を削除し、有意義な行動をするための時間を確保するのです。

最適な時間管理術とは?【生産性を上げる方法】
「やることが多すぎて、終わらない。」 「もっと時間を効率的に使いたい。」 「少しでも生産性を高めたい。」 大人になってから時間...



行動する人が成功を勝ち取る

多くの場合、成功は挑戦の数に比例する傾向があります。

つまり、とにかく行動する人が、成功に近づけるということです。

成功する見込みがあるなら、失敗のリスクがあっても積極的に行動すべきです。

成功とは、失敗を乗り越えて目標を達成することです。

大切なのは、完璧な行動をとることではなく、とにかく行動することなのです。

相手の行動を変える8つの方法【やる気にさせる自己効力感の高め方】
「今の自分があるのはあの人のおかげ。」 「この人と出会えて、自分は変わることができた。」 このように相手から思われるような人は、人の心を動かす方法を身につけています...

コメント

タイトルとURLをコピーしました