前頭前野の鍛え方【得られるメリットと具体的な方法】

学習

私たちの脳で最も発達している部分が前頭前野です。

前頭前野が衰えると、日常生活や仕事において様々な支障をきたします。

また、前頭前野が発達している人ほど、社会的地位経済的地位が高い傾向にあります。

今回、前頭前野を鍛えることで得られるメリットと、具体的な方法についてまとめました。

早速、前頭前野を鍛えることで得られるメリットから見ていきます。



前頭前野を鍛えることで得られるメリット

  • 集中力の向上
  • 記憶力の向上
  • 判断力の向上
  • 行動力の向上
  • 継続力の向上
  • モチベーション向上
  • 情報処理能力の向上
  • 感情のコントロールを安定させる

こんなにもメリットがあるのです。

論理的思考が身につくことで、より豊かな人生を送る事ができます。

では、どうすれば前頭前野を鍛える事が出来るのでしょうか。

前頭前野を鍛える方法

簡単に出来る、前頭前野を鍛える方法について紹介します。

いつもと違う行動を心がける

「いつも」と違うことを行うように心がけてましょう。

慣れ親しんだ行動を続けると、脳への刺激が減り衰えていきます。

いつもと違う道を通ったり、普段着ないものを着たり、いつもは食べないものを食べてみたり、このような、小さな体験を行うようにしましょう。

脳のパフォーマンスを上げるために、新しい体験にチャレンジして、様々な刺激を与えることも大切です。

余裕のある生活を心がける

生活に余裕を持つことが大切です。

睡眠不足、休息の時間がないなど、気持ちがいっぱいになると脳のパフォーマンスが落ちます。

疲れた時は一息ついて、脳を休ませて下さい。

休息を挟むことで、前頭前野を活性化させることにつながります。

BDNFを増やす

老化に連れ衰える、BDNFという脳由来神経栄養因子を増やす必要があります。

詳しくはこちらの記事で。

https://reiblogs.com/bdnf/

何事も意識して行うことが大切

思い込みや意識の違いで、大きな影響を受けます。

つまり、効果を意識するかしないかで、得られる効果が変わってくるのです。

プラシーボ効果の逆である、ノーシーボ効果について聞いたことはありますか?

ノーシーボ効果について知っているだけで、日常生活での「」を防ぐことができます。

ノーシーボ効果

「効果のない薬を投与したとき、思い込みにより効果を発揮する」

これがプラシーボ効果の概念です。

本来は医薬用語ですが、今では日常でも使われるようになりましたね。

この逆をノーシーボ効果と言います。

例えば、「ダメ」と思い込んで行動しても、良い成果を得られにくいです。

思い込みは、行動の結果にも大きな影響を与えてしまうのです。

マイナスな先入観を持って行動することはおすすめできません。

マイナスな先入観を取り除くだけで、成果が向上するという研究結果が多くあります。

意識を変えるだけで、得られるメリットを大きくしたり、デメリットを小さくしたりすることが出来るのです。



まとめ

前頭前野を鍛えることで、様々なメリットが得られます。

また、思い込みは大きな影響を与えるので、何事も意識して行動することが大切です。

前頭前野を鍛えて、より豊かな人生を送りましょう。

幸運を呼び込む人の特徴【科学的に運をよくする方法を解説】
幸運とは、小さな選択や行動の積み重ねで、少しずつ向上した結果、長期的に成功する結果が上がったことを意味します。 つまり、あなた自身の行動によって、運のよさを変えられるということです。 今回、幸運を呼び込む人の特徴と、運をよくするためにで...

コメント

タイトルとURLをコピーしました