幸運を呼び込む人の特徴【科学的に運をよくする方法を解説】

心理

幸運とは、小さな選択や行動の積み重ねで、少しずつ向上した結果、長期的に成功する結果が上がったことを意味します。

つまり、あなた自身の行動によって、運のよさを変えられるということです。

今回、幸運を呼び込む人の特徴と、運をよくするためにできることを深掘りしていきます。



運の法則

運は私たちに起こる出来事を左右します。

しかし、実際にコントロールできるものは私たちの行動です。

まずは、FortuneChanceLuckの言葉の違いを簡単に見ていきます。

Fortune()

あなたに起きること

Chance

あなたの行動が必要となるもの

Luck(幸運)

可能性を作り出すことによって生まれ、あなたの行動の直接的な結果。

ツイてると思う人は、注意深く機会を見つけ、それを活かす方法を考えます。

具体例

自分の行動次第で物事が変わるのか、具体例を示して解説します。

あなたが親しくなりたい人に、

「最近忙しすぎてストレス溜まっちゃった。」

と言われた場合、下記の4パターンの返事を用意しました。

  1. 気の毒だね。
  2. 働きすぎだよ。
  3. 何か手伝えることはあるかな?
  4. ◯◯をやったら、あなたの負担は軽くなるかな?

それぞれの会話の後、あなたに対する態度や関係が大きく異なることが容易にわかるでしょう。

パターン12の場合、相手とのより良い信頼関係を築くチャンスを逃しています。

パターン34の場合、有意義な関係を築けるため、あなたが困った時に相手も助けようという気持ちを抱くでしょう。

このように自分の行動や言動次第で物事の結果が大きく変わるものです。

幸運を呼び込む人の特徴

ハートフォードシャー大学の幸運についての研究で、運に恵まれる人たちは、一般の人よりも幸運を呼び込みやすい資質があることを発見しました。

チャンスを活かす

幸運な人たちは初めての機会を歓迎します。

好奇心が強く経験のないことにも積極的に挑戦するのです。

普段から周囲で起きていることに注意を払うことで、そのときどきの状況を最大限に活かすことができます。

チャンスはいくらでもあります。

いつでもどこでも周りを観察すれば、解決すべき問題が目に入ります。

自分の知識やスキルと情熱を組み合わせて、そのチャンスを活かせるよう心がけます。

自分にいいことが起きると思っている

運に恵まれる人は楽観的であり、自分にいいことが起きると思っています。

また、人付き合いがうまく、人に会う時はアイコンタクト笑顔をたやしません。

その結果、いい人と出会い、さらにチャンスがやってくるのです。

周りをよく観察し、開いた心を持ち続け、人当たりの良い人はLuck(幸運)を呼び込みます。

日常の中で、問題にぶつかったとき、これをチャンスだと思わないのは何故でしょうか。

これは、問題は避けるものであり、問題を歓迎するような教育を受けていないからです。

問題は数をこなせばこなすほど、自信を持って解決できるようになり、問題は問題ではなく、実はチャンスだったと気づいている人たちに幸運が訪れるのです。

自分の知識や経験の価値を知っている

幸運に恵まれる人たちは自分の知識と経験を活用し、組み合わせる方法を知ってます。

たいていの人は自分の素晴らしい素質に気づいておらず、その活かし方もわかっていません。

運のいい人たちは、自分の知識や人脈の価値を知っていて必要な時のこれらを駆使しています。

経験を積み、知識の幅を広げることで、あなたの引き出しが増え、幸運を呼び込むことに繋がります。

運をよくする方法

幸運を呼び込む人の特徴を知ったうえで、具体的にどうすればよいのかみていきます。

外交性を高める

外交性を高めることで、人と出会う確率が上がります。

人に興味を向け、会う人との距離が縮めることによって多くのチャンスに繋がるということです。

良好な信頼関係「ラポール」を築く4つのコツとは?
「良好な人間関係を長く続けたい。」 多くの人は、信頼できる相手に対して良好な関係を築きたいと思うものです。 良好な人間関係を表す「ラポール」と言う言葉をはじめて聞くという人も多いかと思います。 ラポール 語源は、フランス...

オープンジェスチャー

体を開くようなオープンジェスチャーをすることで、人を惹きつけやすくなります。

また、幸運を呼び込む人の特徴であるアイコンタクトを頻繁に行い、笑顔で接するようにするだけで人当たりはよくできます。

人が集まるようになると、その数が増えた分だけチャンス寄ってくるということです。

相手に好印象を与える5つのテクニック【人に好かれるひと言とは】
「好かれる人」は、相手に好印象を与える方法を知っています。 一方で、好かれる方法を知らずに損をしてしまっている人も少なからず存在します。 好印象を与えるコツさえ掴めば、誰もが好感度を上げることができます。 今回、相手に好印...

好奇心を持つ

運を良くするためには試行回数を増やす必要があります。

好奇心を高めると、何事にも積極的に取り組むようになり、必然と試行回数が増えるということです。

新しい経験を好むようになると、幸運を呼び込むことだけでなく自己成長も期待できます。

成功の秘訣は、何か試すたびに、それだけ教訓を引き出し、その教訓をもとに次のステージに進めるかどうかです。

最も大切なのは、失敗も受け入れるべきだということでしょう。

失敗することで学習でき、それをあなたの人生に活かすことに繋がります。

運に恵まれない人

運に恵まれない人は以下の特徴があることわかっています。

  • 観察力がない
  • 頑固すぎる
  • 非友好的
  • 悲観的
  • メンタルが弱い

多くの人は、コンフォートゾーン(いつも自分がいる領域)にとどまることを望みます。

コンフォートゾーンから抜け出す4つの方法とは【自己成長のコツ】
私たちが普段行動している領域のことをコンフォートゾーン(快適領域)といいます。 コンフォートゾーンから抜け出すことで、自分の成長と、ドーパミンに起因する幸福感を得られます。 しかし、新しいことに挑戦しようと思うと、失敗のリスクを恐れるの...

身近なチャンスを一つひとつものにすることで、ゆっくりとですが確実に運を呼び込むことに繋がるという認識をしておきましょう。

また、メンタルが弱い観察力洞察力が低下します。

その分、チャンスを逃してしまうのです。

ちなみに、学校や企業などの面接で、

「あなたは運がいいと思いますか?」

という質問がありますが、これは観察力や洞察力が優れているかを判断するために聞いています。

つまり、この質問に対し運がいいと答えた人は、気づく能力が高いと判断されるため、好印象を与えることに繋がるのです。

ネガティブを改善する4つの方法【目標達成のif-then planningとは】
ネガティブな気持ちに支配されやすい人は、考え込む力を身につけています。 ひとつの物事に対して、悩み込むほどに考えることができる為、分析力が高いです。 また、よりよいアイデアが生まれやすく創造性に優れる傾向にあります。 しかし、悩み込む...

幸運は自分の行動で呼び込めるもの

毎日が運を磨くチャンスです。

大きなチャンスもあれば、小さなチャンスもあります。

「自分自身で運を呼び込む」=「悪い状況を好転させ、よい状況はさらに良くすること」

知識と経験の幅を広げ、それらを駆使していくことが大切になります。

多くの日本人が間違える幸せの順番とは?【セロトニン編】
私たちが幸せを感じるのは、100種類を超える脳内ホルモンの分泌によるものです。 そのなかで、セロトニン、オキシトシン、ドーパミンが3大幸福ホルモンとよばれています。 この3大幸福ホルモンのうち、人生の幸福の基盤にあるのはセロトニン起因の...

参考文献

(1)Tina Seelig What I Wish I Knew When I Was 20 is a much-needed book for everyone looking to make their mark in the world.

コメント

タイトルとURLをコピーしました