優柔不断な人に対する5つの対処法【相手に決断を学ばせる対応とは】

心理

優柔不断のタイプの人は、決断しないことで否定することを避けようとします。

仮に、誤った選択をした場合、誰かの機嫌を損ねさせたり、失敗につながったりするかもしれません。

これらを避けるために決断を先延ばしにしたり、曖昧な態度をとって他の誰かが決断するか、勝手に決まることを待っています。

こうして、解決すべき問題を長引かせ、人に対して大きな不満不快感をもたらしてしまうのです。

今回、優柔不断な人に対する最適な対処法について解説します。



優柔不断

決断力のある人は、どんな決断にも良い面悪い面があることを認識しています。

あらゆる情報に基づき、最良の決断を下し、その後発生する好ましくない結果に対処する術も知っています。

しかし、優柔不断な人は、最良の決断に至る道を見極められないのです。

なぜかというと、どの選択肢にもある悪い面に目をふさがれてしまうからです。

優柔不断な人への態度

決断力のない人に苛立つ気持ちはわかります。

しかし、イライラしても全く意味がありません。

相手の先延ばしに我慢できなくなると、口出ししたくなりますが、決断を下す過程に怒りは禁物です。

また、優柔不断な人の背中を押して無理に決断させようとすると、相手はさらなる疑問を出して、あなたの努力を押し返してくるでしょう。

あなたに必要なもの

まずは、相手に対して優しく繊細な態度をとり、忍耐強く手助けしたいという気持ちになる必要があります。

優しさが大切な理由は、優柔不断な人の信頼を得ることにつながり、リラックスして物事を考えられるようになるからです。

忍耐力が必要なのは、情報を引き出すには時間がかかり、相手のペースで心を開くのに合わせなければならないからです。

そして、手助けしたいという気持ちが重要なのは、相手に決断の方法を教えるためです。

優柔不断な人への対処法

優柔不断な人が直面する現実的な問題はシンプです。

不完全な選択肢の中から選ぶという体系的な方法を知らないだけなのです。

つまり、優柔不断な人に対するあなたの目標は、決断方法とそれを使う動機を相手に与えることだといえます。

そのために、優柔不断な人が、先延ばしをやめ最良の決断方法を学ぶ気になるようなコミュニケーション環境を作りましょう。

決断を強制しない

恐れネガティブな感情が明確な決断の妨げになるのは間違いありません。

決断を強制すると相手がますます優柔不断になってしまうことを頭に入れておきます。

明確に決断する手助けをするためには、決断を下す前の安全地帯を設定してやらなければなりません。

決断を無理強いするのではなく、時間をかけてできるだけ思いやりを持って接します。

選択肢を明確化にして提示する

優柔不断な人の視点から、全ての選択肢や障害を忍耐強く見直します。

その決断によって不利な影響を受ける人がいるかどうか調べます。

優柔不断な人の葛藤を表面化することで、決断までの道のりを縮めることに繋がります。

あらゆる物事を上手に考える方法とは【論理力・意志力の高め方】
あらゆる物事を客観的かつ、論理的に考えるにはどうすればよいでしょう。 私たちは意識しなければ固定概念を払拭せずに物事を考えるので、どうしても主観的になってしまいます。 先日ご質問頂いた物事を上手に考える方法について解説します。 また、...

意思決定システムを教える

決断を下す最適な方法は、意思決定システムを使うことです。

決断についてはこちらの2記事で詳しく解説しております。

人はなぜ重要な決断を間違えるのか?【誰もが陥る思考の罠とは】
重要な物事の判断を迫られたとき、正しく決断できると断言できる人はそういないでしょう。 決定理論に基づく正しい決断方法を知っている人ですら、正しい判断をすることが難しいのです。 今回、人が決断を間違える理由と、誰もが陥る可能性のある錯覚に...
最適な決断を下す方法とは【迷った時の対処法】
決断に迷った時、あなたはどう対処していますか。 素晴らしい決断をしたいと思っていても、気づかないうちに他からの影響を受けてしまうことがあります。 また、決断がわき道に逸れてしまう習性が人間にはあるので注意が必要です。 そして、迷った時...

もし、自分に適した方法を知っていれば、それを優柔不断なタイプの人に教えてあげましょう。

決断を再認識させる

優柔不断な人が決断を下した後で、完璧な決断などないことを説明します。

その決断は良い決断だった再認識させましょう。

また、決断が実行されるまでは連絡を絶やさずにいるべきです。

ちょっとした行動を心がけていれば、事態を停滞させずに済みます。

人間関係を深める

優柔不断な人が決断に迷っている瞬間は、その人との人間関係を深める機会となります。

そうすれば、今後は葛藤を表面化するのがずっと簡単になるでしょう。

正直に話すことでお互いの将来がもっと良くなるという展望を示すこともできます。

オキシトシンを分泌させる知っておくべき6つの方法とは?
幸福を求める順番を間違えると、人生が不幸になってしまうことがあります。 そして、多くの日本人が幸福を求める順番を間違えていることを以前、こちらの記事で解説しました。 幸せになりたければ、セロトニン起因の幸福(健康関連)を最優先し、次...

正直に話せる雰囲気のつくり方

まずは、安心してコミュニケーションがとれるような環境をつくります。

和やかな会話を通して、相手の抱いている感情や悩みについて穏やかに話し合います。

安心感を持たせるコツは言葉を用いない融和を使うことです。

融和

融和とは、自分と相手との違いを少なくし、相手の立場から共通点を見つけるという重要なコミュニケーションスキルの一つです。

お互いの関係がうまくいっているとき、私たちは相手の姿勢や、表情を自然に真似て融和します。

また、雰囲気がよくないとき、あなたを困らせる人を相手にしなければならない方法の一つとして、意図的に相手の姿勢表情仕草に合わせるというものがあります。

たったこれだけでも、「私はあなたの仲間です。あなたの言動に興味があります。」という信号を送ることができるのです。

良好な信頼関係「ラポール」を築く4つのコツとは?
「良好な人間関係を長く続けたい。」 多くの人は、信頼できる相手に対して良好な関係を築きたいと思うものです。 良好な人間関係を表す「ラポール」と言う言葉をはじめて聞くという人も多いかと思います。 ラポール 語源は、フランス...

優柔不断は態度次第で変えられる

最後に優柔不断な人への対処法について振り返ります。

  • 安全地帯を設定する
  • 選択肢を明確化させる
  • 意思決定システムを使う
  • 決断が良かったものだと再認識させる
  • 人間関係をさらに深める

優柔不断な人の不安には耳を傾けるようにしましょう。

必要があれば、相手が意思決定のプロセスを学ぶ手助けをしてあげます。

優しさを持ち、忍耐強く接することで、優柔不断な人頼もしい決断を下せる人に変わっていることを実感できるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました