脱貧乏脳、お金が貯まる行動・考え方とは?【お金持ちの習慣②】

お金

お金を欲しいと思うのは、安心や快適、自由、贅沢、影響力、ステータスなどのお金で手に入ることを求めるからだ。

お金はあくまで手段に過ぎない。

また、お金が欲しいと言う人ほど、お金持ちとそうでない人の違い知らない。

お金持ちになるためにまず学ぶべきことは、お金持ちの考え方だ。

ほぼ全てのお金持ちに共通する原則は存在する。

今回、お金持ちの思考と習慣について紹介する。

この記事を読むことで、お金持ちの考え・行動と、自分が実践すべきことを知ることができる。



お金持ちの考え方

お金がない人は、その理由を周囲の状況のせいにしてしまう。

周囲への不満に目を向けているるうちは、お金持ちになれないだろう。

人に期待するのではなく、自分に期待し、行動に移す方が賢明だ。

まずは、より多くのお金を手に入れるために役立つお金持ちの考え方についてみてみよう。

お金に対する思い込みを捨てる

自分はお金持ちになれないと思い込んでいる人が多くいる。

そんな人は、お金持ちになるのを妨げている思い込みを捨てるのが先だ。

お金を欲しがるのは何も悪いことではない。

お金持ちのほとんどが、お金に対する無意味な偏見を持っていない。

必要な努力をし、誰よりも学び、積極的に行動した人間が多くのお金を手に入れるのが現実だ。

誰でもお金持ちになる素質は備えている。

多くを学び、知恵を活かし、実際に行動できるかどうかである。

お金をポジティブに捉える人にこそお金が集まるのだ。

なぜお金が欲しいのか

なぜお金持ちになりたいのか。

この答えは、自分のお金に対する思い込みを明確にしてくれる。

お金で実現したいことがあるのなら、お金以外の方法で実現できないのか一度考えてみよう。

自分の目標を知らずに、漠然とお金持ちになりたいという思いだけでは具体的な行動に移すのは難しい。

何も行動せず漠然とお金が欲しいと言う人に限って、具体的な目標を立てていない。

そんな人は、お金持ちになったら何をしたいのか、具体的に考え、何をすべきか知ることが最初のスッテプだろう。

問題解決に役立つ知っておきたい7つの思考法とは【問題の捉え方】
目の前の問題に対してどのように対処すべきかわからない。 問題が起こるとパニックになってしまう。 このように、問題が起こると、その物事を適切に考えられなくなってしまう...

お金のあるなしで人を決めつけない

人は、地位財産に先入観を持ってしまいがちだ。

お金持ちに対して、相手のことをよく知らないのに悪いイメージを持つ人もいるだろう。

しかし、現実のお金持ちは、多くの税金を支払い、慈善事業への寄付まで行っている人が多い。

お金のあるなしと、その人の人柄は無関係だ。

人と接するとき、お金ではなく、その人自身を見るように心がけよう。

お金持は悪いものだと思い込んでいたら、お金を手にれる努力などできない。

誰からも好かれるたった6つの方法とは【好感度を高める要因】
いつでも明るく元気でいれば、好感度は上がるわけではありません。 人から好かれ、絆を強めるためにはどうすればよいのでしょうか。 当然、好感がもてるところは人によって異なりますが、好感度を高める要因には共通点があります。 今回、人に好かれ...

年齢を理由にしない

変えたいことがあるならば、今からでも変えられる。

年齢を理由に諦めるのではなく、軌道修正すればいい。

お金持ちになりたければ、年齢を理由に言い訳しないことだ。

先入観を捨て、意識の方向を変えるところからはじめよう。



お金持ちの習慣

お金持ちになりたいと思っているのに、なれない人はたくさんいる。

その理由は、行動が足りていないからである。

お金持ちになるためには、自分の時間労力を注ぎ込まなければならない。

また、行動を起こし、変化を起こす強い意志も必要だろう。

次に、お金持ちになるための具体的な行動についてみてみよう。

金銭管理と貯金

なるべく早いうちから、無理なく意識せずとも貯金する習慣を身につけるべきだ。

自分の金銭管理と、貯金の習慣は、お金持ちになるために欠かせない。

思うように貯金できない人は、自分がまず何をすべきかよく考え、行動に移そう。

自分のお金の使い方を把握する

税金保険浪費、お金が漏れる原因はたくさんある。

まずは、支出を全て把握することが大切だ。

お金の漏れに気づき、自分の支出のコントロールに繋げよう。

保険の見直し、たいして使っていないサブスクサービスの解約、浪費癖の対策、あなたがすべきことはなんだろうか。

経営者視点で家計をみつめてみよう。

我慢しすぎる節約はNG

節約し続ければ、いずれお金持ちになれる。

このように勘違いしている人は少なくない。

我慢が必要な節約をやりすぎると、いつもお金がないと感じる状態にとどまってしまうのだ。

まずは、この貧乏人の思考回路から抜け出す必要がある。

日常の小さな幸せまで我慢する必要はない。

たまの贅沢は成功へのエネルギーになることをお金持ちは知っている。

衝動買いは一定期間待つ

お金が入った分だけ使うことは、お金を増やす努力を台無しにすることだ。

浪費の衝動を抑えきれずにお金持ちになれない人も存在する。

真の富裕層は、浪費の衝動を抑えることができる。

つまり、お金持ちになりたければ衝動買いはやめるべきだ。

これは、お金持ちになりたい人が守るべき原則といえる。

衝動買いしたくなったとき、欲しいものとの間に物理的な距離と時間を置くように努めよう。

お金の状況をチェックをする

お金の状況をチェックすることも大切だ。

支出の管理や、保険、ローン、投資、年金拠出の状況など人それぞれ自分のお金の状況を定期的に把握しよう。

自分のお金の動きに常に目を光らせていなければ、お金持ちへの道のりは遠のくだろう。

地道だが、コツコツ取り組むことで、お金によって痛い思いをすることを避けられる。



お金と幸せ

お金=幸せではないことは明確な事実だ。

お金が少なすぎると不幸だが、お金があり過ぎて不幸になることもある。

貧乏でもお金持ちでも不幸な人は不幸である。

幸せになるためにお金が必要と思っているなら、その考え方を改めなければいけない。

お金があれば避けられる不幸はたくさんあるが、お金が幸せを運んでくれることはない。

お金持ちになるための努力をする過程で、より多くのお金を手に入れることが人生の目標ではないことに気づくだろう。

また、多くのお金を手に入れても、いい人柄のままで、倫理的な生き方を両立させることも大切だ。

賢い人は知っている究極の思考法【自分で考える人になるためには?】
質の高い思考法を身につければ、生きる能力そのものが向上します。 つまり、幸せでよりよい人生を手にしたい場合、その土台となる賢い思考法を身につける必要があるのです。 今回、賢い思考法を身につけるメリットと、今よりも賢い思考法を身につけるた...

収入源を増やすには?

そもそもの収入を増やすことがお金持ちへの近道になる。

自分のスキルを別の分野で活用しよう。

自分にできるビジネスは何か。

人の役に立てることは何か。

新しい仕事を発明する必要はない。

ただ、自分に合った方法を自分で見つければいい。

現状を変える7つの方法【自ら変化を生み出すシステムとは】
   「現状を変えたい。」 「今の状況に満足できない。」 このように思っていても、何をすればいいのかわからない人へ。 今回、自分自身の力で今に変化をもたらす7つの方...

コメント

タイトルとURLをコピーしました