人の心を動かす6つの方法【人の心が動くメカニズムとは】

心理

「どこにいても、次々と周りが助けてくれてる人」

「あの人の言うことであればと一目置かれている人」

「この人にならとなんでも相談できる人」

「なぜか誰からも頼りにされる人」

このような人たちは、人の心を動かす方法を身につけています。

人間関係の悩みが絶えない現代社会において、どんな相手の心でも掴め、上手に付き合う方法を知っておくことは、これからの人生に役に立つでしょう。

今回、1万人以上が実践し、実際に効果が認められた方法をベースに、人の心を動かす方法についてまとめました。



人の心を動かす方法

私たちが最初に知らなければならないのは、人を動かすテクニックではなく、人の感情のメカニズムについてです。

なぜ、言うことを聞いて動きたくなる人と、そうでない人がいるのでしょう。

これについては、日常を振り返ることでたくさんのヒントが見えてきます。

あの人の言うことやアドバイスであれば聞いてもいいかなという人の特徴はなんでしょう。

  • 思いやりにあふれている人
  • 行動力がある人
  • 一貫性のある人
  • 約束を守る人
  • 間違いを認め、謝罪できる人

このように様々な要素が出てくると思います。

ここで、自分がその要素を満たしているか考えてみましょう。

日常の振る舞いを見つめ直す

人の心を動かすために最も土台となるのは、自分自身の日常の姿です。

つまり、あの人の話ならば聞こうと思える言動を日常でとっていて、話を聞く振る舞いをしている人でなければ、人の心は動かすことができないのです。

相手の心を掴む方法【一緒に居たいと感じさせる5つの法則とは】
人は相手の何によって惹きつけられたり、敬遠したりするのでしょうか。 また、親近感を抱いたり、恐れたりするのは何によるのもでしょうか。 今回、相手の心を掴むための概念について解説し、相手に一緒に居たいと思われる方法について深掘りしました。...

伝え方で相手の欲求を満たす

自分の伝え方次第で満たすことのできる人間の欲求はいくつかあります。

  • 安心欲求
  • つながりの欲求
  • 承認欲求

人は、安心したいという欲求が心の底にあります。

また、人から認められる存在でありたいという願望、言い換えると自己重要感を得たいと思う生き物です。

そのため、自己重要感を損なわれてしまえば、反発や、対抗が生まれることになります。

つまり、関わる人に安心感を与え、相手の自己重要感を満たすことができれば、人の心を動かすことができるというわけです。

では、どのようにすれば相手の安心感自己重要感を満たすことができるのでしょうか。

その方法について、具体的にみていきましょう。



心の安心感をもたらす

人間の脳が最も重要だとしていることは生存することです。

人は本能的に死なないための安心感を求めます。

そのため、安心感を得られる人のところに集まり、そのような人が信頼を得られ、人望もできるというわけです。

現代における安心感とは、精神的な面でのことです。

相手の安心感を与えるために重要なことについてみていきます。

否定しない

人は否定されるのが怖いと思う生き物です。

否定されると人は傷つきます。

そして、その経験からまた傷つくことを無意識に避けるようになります。

誰かに否定されるとマイナスの感情が伴うため、記憶に残りやすいです。

つまり、誰かに相談やアドバイスを求められたときに、相手を否定するような発言をしてしまうと、相談やアドバイスを求める人がいずれ来なくなります。

まずは、どんなことに対しても否定しないように心がけることが大切です。

あの人は、自分のことを否定しないと認識されるということは、精神的な安心も満たされることが認識されたということです。

これだけでも、あなたの元には人とあらゆる情報が集まるようになります。

人に好かれるたった6つの方法とは【好感度を高める要因】
いつでも明るく元気でいれば、好感度は上がるわけではありません。 人から好かれ、絆を強めるためにはどうすればよいのでしょうか。 当然、好感がもてるところは人によって異なりますが、好感度を高める要因には共通点があります。 今回、人に好かれ...

最後まで聞く姿勢を持つ

否定しないというのは、相手の意見を全て受け入れるという意味ではありません。

なんでも受け入れるのではなく、受け止めるというスタンスが大切です。

最後まで相手の話を聞く姿勢を保つことで、簡単に相手はあなたに安心感居心地の良さ抱くでしょう。

また、相手に安心感を与えてからアドバイスであれば、相手は自然に耳を傾けてくれるので、より強固な信頼関係を築くことにも繋がります。

良好な信頼関係「ラポール」を築く4つのコツとは?
「良好な人間関係を長く続けたい。」 多くの人は、信頼できる相手に対して良好な関係を築きたいと思うものです。 良好な人間関係を表す「ラポール」と言う言葉をはじめて聞くという人も多いかと思います。 ラポール 語源は、フランス...

自己重要感満たす方法

あなたとの会話によって自己重要感を満たされると、相手はまた話したいという感情を抱きます。

反対に、もうこの人とは2度と話したくないと思われてしまう残念な人もいるでしょう。

そう思われないためには、相手の自己重要感を傷つけないように注意する必要があります。

無意識のうちに他人の自己重要感を傷つけないための簡単な方法は、自己重要感を傷つけてしまう言葉を使わないようにすることです。

あなたが今まで人に言われてイラッとした言葉や反応はどのようなものがあったでしょうか。

そのような言葉を使わないように普段から心がけましょう。

相手を深く理解する

相手のことを知っていればいるほど、自己重要感を刺激することができます。

人は、自分に関わることを覚えてくれていた相手に対し、安心感と信頼感を抱きます。

また、そのときに自分自身の価値を実感し、自己重要感が満たされるのです。

相手の内面理解については、こちらの記事が参考になります。

相手の内面を理解する方法(質問のコツ)【恋愛関係②】
前回に引き続き、恋愛関係を長続きさせる方法について解説していきます。 この記事を読むことで、親密な関係になるために必要な、相手の内面を深く知る方法について知ることができます。 また、相手の内面を理解するためには、上手な質問が必要になりま...

相手のことを信じきる

人は誰しも、やりたいことがあるのに、一歩踏み出すのを躊躇してしまうことがあります。

この理由は不安だからです。

人の心が動くためには、安心感自己重要感が必須条件であることは先にも述べました。

相手の心を動かすために大切なのは、相手以上に相手のことを信じることです。

これを心の中にしまっておくのではなく、しっかりと言葉にして相手に伝えるようにします。

あなたの一言で、相手の安心感自己重要感を満たすだけでなく、大切な人を支えることもできるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました