妬みの感情をプラスの力に変える方法【妬みの使い方とは】

学習

あなたの同僚の成功や昇進の話を聞いたとき、どんな気持ちになりますか。

多くの人は、複雑な心境になるという場合が多いです。

もちろん、祝福したい気持ちはあるとは思いますが、同時に妬みの感情を抱くケースが見受けられます。

今回、妬みの感情を深掘りし、プラスの力に変える方法について解説しました。



妬みの感情

妬みの感情を抱くと、自尊心を傷つけ、気分を低下させ、さらには怒りにつながることもあります。

職場で妬みの感情を抱くと、仕事の満足度を低下させ、同僚との関係も悪くなることも考えられます。

誰かを妬むと、敵意を向けてしまうだけでなく、他の仲間に対しても疎外感を抱きやすくなり、物事に貢献しにくくなります。

また、職場で妬みの感情を抱く人は、一緒に働く仲間と共通の目標をシェアしたいと思わなくなります。

そして、助けてもらいたいときに周りの人が助けてくれるという気持ちを抱きにくくもなるのです。

その結果、自分も人を助けようとしなくなり、同僚を知ろうとしなくなってしまいます。

相手からの印象が悪くなる6つの行動とは【嫌われる人の特徴】
誰にでも嫌われてしまう行動は、できれば避けたいですよね。 しかし、相手への印象を悪くする行動の多くは、本人が無意識のうちにやってしまっています。 そうならないように、今回これだけは避けて欲しい6つの行動についてまとめました。 印象...

妬みが示すサイン

妬みの感情は、ほとんどの場合、悪影響に繋がりますが、助けになることもあります。

妬みの感情を抱くと、自分が本当に欲しいものが明確になり、その欲しいものをエネルギッシュに追い求める力になることがあるのです。

しかし、敵意自己批判目標を諦めるといった妬みの本能的な反応が、このメリットを妨げてしまうのです。

では、どうすれば有害な妬みの感情をプラスの力に変えることができるのでしょうか。

妬みの感情をプラスに変える方法

扱いづらいけれど興味をそそられる妬みの感情を上手に制御し、メリットを得るための3つの方法をご紹介します。

①誰かに気持ちを打ち明ける

妬みは人が最も認めたくない感情の1つです。

人は、嫉妬していることがわかると、みくびられるのではないかと心配します。

また、感情が合理的に働かなくなったり、取るに足らないことにとらわれたりすることがあります。

人に、妬みについて話すとき、成功幸せを手に入れた人をけなす傾向にもあります。

妬みは破壊的なものになり得ることを理解している相手に打ち明けることで、あなたの気持ちに共感し、目標に向かうよう励ましてくれるでしょう。

オープンに話せる人がいない場合

妬みの感情をオープンに話せる友人や同僚がまだいない場合、誰か他の人が妬み自己批判にとらわれている状況に、共感とサポートの気持ちを持って応える機会を探してみたください。

社会的な関係の中で、自分がして欲しいこと相手にするのは、有効な方法です。

オキシトシンを分泌させる知っておくべき6つの方法とは?
幸福を求める順番を間違えると、人生が不幸になってしまうことがあります。 そして、多くの日本人が幸福を求める順番を間違えていることを以前、こちらの記事で解説しました。 幸せになりたければ、セロトニン起因の幸福(健康関連)を最優先し、次...

②妬みのサインを見逃さない

妬みの感情を抱いたとき、今の自分に足りないものを見つけだし、それを作り上げることができます。

実際、妬みの感情のおかげで、普段なら怯えてしまうようなチャンスに挑戦する勇気が湧いてくることもあります。

同僚の昇進を妬ましいと感じた場合について考えます。

その人が認められたこと得られる報酬が妬ましいだけなのでしょうか。

その仕事をするという経験を本当に求めているのか、じっくり考えるうちに賞賛や役得以上に自分が求めるものを突き止めることができます。

そして、自分が何に惹かれているのかもわかるでしょう。

その目標に近づくために必要な行動を起こし、挑戦してみてください。

妬みの利用

妬みの感情自分を批判する材料にするのではなく、行動を起こすきっかけっとして利用します。

つまり、妬みを抱いた相手を、あなたの可能性を思い出させるきっかけと考えるのです。

その人が成功したからといって、あなたの欲しいものが手に入らなくなるわけではありません。

むしろ、そうした強い感情を持ったことこそが、あなたにもそれができるという証明になります。

この事実に気づけば、敵意自信喪失という2つの妬みの感情がもつ悪い効果を解放する手助けになるのです。

③人の成功を喜ぶ

人は、妬ましく思う相手を避ける傾向にあります。

近くにいるだけで辛くなるものです。

自分の足りない部分や、日頃感じている不公平感を思い起こさせるからです。

しかし、妬ましい相手を避けるのは大きな間違いです。

あなたが妬ましいと思う相手は、あなたの敵ではありません。

その相手は、潜在的な盟友です。

今、その相手を避ければ、将来的に重要になる助け合いの枠組みから自分を遠ざけてしまうかもしれません。

今、その人との関係を強めておけば、相手の成功があなたに伝染する可能性もあるのです。

心の持ち方を変える

同僚をはじめ、まわりの人と強い絆を築く最善の方法は、他の人の成功幸運を心から祝福することです。

これには、心の持ち方(マインドセット)の転換が必要になります。

妬んでいる相手は、簡単に成功をつかんだように見えたとしても、その人の生活はもっと複雑なはずです。

その人が、目標を達成するためにどれだけ努力したのか容易に想像することができるでしょう。

成功するために、人間関係や健康、他の目標を犠牲にしてきたかもしれません。

そして、その人もあなたと同じように何かに貢献し、努力を認めてもらいたいと願っているかもしれないのです。

このように考えることで、相手の成功幸福を分かち合うことができます。

こうした心の持ち方の転換は、本来有害である妬みの感情を消すことにつながります。

妬みの感情を分析し、人の成功を喜ぶ能力を養うことで、あなた自身の成功にもつながるのです。

良好な信頼関係「ラポール」を築く4つのコツとは?
「良好な人間関係を長く続けたい。」 多くの人は、信頼できる相手に対して良好な関係を築きたいと思うものです。 良好な人間関係を表す「ラポール」と言う言葉をはじめて聞くという人も多いかと思います。 ラポール 語源は、フランス...

妬みは力に変えられる

妬みの感情は上手に使うことであなたに良い影響をもたらしてくれます。

今回紹介した妬みの感情をプラスの力に変える3つの法則を使うことで、あなた自身の成功幸せにつながることを認識しておくことが大切です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました