薬用化粧品と化粧品の違いとは?【医薬部外品と無添加の罠】

美容

「普通の化粧品よりも医薬部外品の方が効果があるの?」

「そもそも薬用化粧品って何?」

オーガニックとか無添加化粧品の方がいいの?

ドラックストアで、医薬部外品薬用化粧品と表記されている商品を見て、通常の化粧品よりも効果が高そうと感じる方は少なくありません。

また、オーガニック天然由来成分配合と表記を見て、なんだか良さそうと感んじる方も多いでしょう。

今回、化粧品の真実と、無添加化粧品オーガニック成分の罠について解説しました。



薬用化粧品と化粧品の違いとは

はじめに、一般的なスキンケア用品の分類についてみていきましょう。

医薬品

医薬品は、病気の治療や予防を目的としたもので、有効成分の効果が厚生労働省に認められた薬です。

しっかりとしたエビデンスがあり、治療ガイドラインに記載されているものが医薬品として位置づけられています。

医薬部外品/薬用化粧品

医薬部外品/薬用化粧品は、厚生労働省が認可した有効成分が、一定濃度で配合されているものです。

また、医薬部外品と薬用化粧品は同じものです。

これらは、医薬品よりも効果が穏やかですが、有効成分の効果が期待でき、予防を目的に作られたものといえます。

医薬品とは異なりますが、薬事法に従い、効果や効能をパッケージに明記できるのが薬用化粧品です。

化粧品

これらに対して、化粧品は、医薬部外品よりも効果が穏やかで、肌の健康を保つ目的で作られたものです。

化粧品の場合、効果・効能をパッケージに表記することができません。

薬用化粧品・医薬部外品の実際

「普通の化粧品より薬用化粧品の方が効果があるってことね。」

ここまでお読みいただくと、このように思いますよね。

概ね間違いではありませんが、薬用化粧品には補足すべきことがあります。

薬用化粧品は成分表示ルールが甘い

薬用化粧品成分表示ルールは、通常の化粧品よりも甘いのです。

薬事法により、化粧品全成分表示が義務づけられているのに対し、薬用化粧品にはこの義務がありません。

有効成分のデータは厚生労働省の認可がおりていますが、それ以外の成分については何を使ってもよいのです。

これは、薬品メーカーにとって都合の悪い成分は隠すことができるということです。

シワ、シミ、ニキビを改善するトレチノインとは?【レチノールの真実】
「シワとかシミにレチノールがいいって聞くけど効果あるの?」 「トレチノインと市販のレチノールは何が違うの?」 「そもそも外用薬で、シミとかシワが改善するの?」 年齢を...

無添加化粧品が安全とは言い切れない

無添加化粧品は、安心で安全というイメージを持っている方も多く見受けられます。

そもそも何が無添加なのでしょうか。

これは、1980年の薬事法改正により定められた、表示指定成分のことです。

当時の厚生労働省が、合成界面活性剤合成着色料などの肌に悪影響を及ぼす可能性のある成分を表示指定成分として定め、化粧品に明記することを義務づけたのです。

しかし、現在は化粧品に含まれる全成分の表示義務に法改定されています。

つまり、無添加化粧品というのは、表示が義務付けられていた旧表示指定成分が使われていない化粧品を指すことが多いです。

例えば、合成着色料を排除している商品は無添加化粧品を名乗ることができますが、肌に負担をかける他の成分が入っているかもしれないのです。

無添加というのは、特定の成分が配合されていないという意味しか持たないことを頭に入れておきましょう。

防腐剤は悪者ではない

スキンケア製品のほとんどが、水と油を乳化させて作られています。

中の油は酸化してしまうため、防腐剤が必要になります。

以前悪者とされていた、パラベンメチルパラベンなどは、微生物の増殖を防ぐ安全性の高い防腐剤であることが現在認められています。

肌に低刺激かつ優れた防腐効果のある成分というわけです。

時代に置いていかれないよう知識をアップデートしておくことも大切です。

オーガニック化粧品の罠

オーガニックや、天然成分配合と聞くと、肌に優しいイメージがありますよね。

しかし、科学的な視点から見ると、オーガニック化粧品にもリスクはあります。

なぜなら、日本には化粧品に関するオーガニック認定基準がないからです。

オーガニックコスメは、有機栽培で育てられた植物性のコスメを指します。

海外の商品であれば、政府や認証機関による厳しい基準を満たしていますが、日本にはこれがないのです。

つまり、オーガニック植物成分を一種類だけ少量配合してもオーガニック化粧品として販売することができます。

天然由来成分は安全?

天然由来成分というのは、品質にばらつきがみられます。

自然界のものは、天候や産地によって左右されるので、品質にばらつきがみられて当然でしょう。

植物由来だからといって、安全を過信するのは控えましょう。

もちろん、天然由来成分の全てを否定しているわけではありません。

植物ならではの使用感の心地よさや良い香りがあります。

それが自分の肌に合っていれば、使ううえで何の問題もないでしょう。

結局何を使えばいいの?

ここまでお読みいただくと、何を使えばよいのかわからなくなってしまいますよね。

化粧品を使ううえで、最も大切なのはなぜそれを使うのか目的を明確にすることです。

スキンケア商品は、治癒を目的とするものではありません。

治癒を目的とする場合、医師の判断で処方される医薬品を使うことがベストでしょう。



敏感肌用化粧品の真実

敏感肌には厳密な根拠がありません。

敏感肌用化粧品はのほとんどが低刺激性であることを売りにしています。

「敏感肌用は肌に優しいってことでしょ。」

こう思われるかもしれませんんが、実際は、各メーカーの基準で行われた肌テストから導き出された結論しかありません。

つまり、低刺激性とは、その化粧品が合わなかった人の数が他の商品よりも少ないという理論であり、誰にとっても刺激がないわけではありません。

結局相性の問題です。

正しい敏感肌用ケア

自分は敏感肌だからという理由で、あらゆるスキンケア商品を試す人がいますが、それが肌の状態を悪化させることにつながります。

敏感肌の人は、肌に触れる成分を少なくすることが大切です。

肌が弱いと感じる人は、できるだけシンプルな日常ケアを心がけましょう。

バリア機能を高める

敏感肌と呼ばれる症状の多くは、健康な肌に比べてバリア機能が低下していることから生じます。

その理由として一番に挙げられるのが、洗い過ぎによる乾燥です。

洗い過ぎると、肌の皮脂が不足し、角質が痛み、バリア機能が回復することなく慢性的に乾燥する悪循環に陥ります。

バリア機能を回復させるのはそう難しくはありません。

洗顔後、ワセリンオイルなど余計な成分が入ってないものを塗り、皮膚の保護膜を補ってあげましょう。

保湿することで、肌のバリア機能を取り戻し、本来の自己回復力も蘇ってきます。

肌荒れが続く場合に必要なのはスキンケアではなく、治療です。

肌トラブルを本気で改善したければ皮膚科に行き、適切な治療をしてもらうことをおすすめします。

昨今の医療技術の進歩により、悩んでいる人を以前よりも多く助けられるようになったと私は実感しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました