チョコレートや甘いものを無性に食べたくなる理由【その原因と対処法】

食事

チョコレートや甘いものを無性に食べたくなるときありますよね。

私自身も甘いものが大好きで、その気持ちが良くわかります。

今回、なぜ甘いものを欲するのか、その原因と対処法についてまとめました。



考えられる原因

考えられる原因は以下の通りです。

  • 心身の疲労
  • 過度なストレス
  • バランスの悪い食生活
  • ホルモンバランスの乱れ

では、詳細についてみていきます。

心身の疲労

糖分を摂取することで、エネルギーに変わります。

疲れていると、脳や体が素早くエネルギーを補給するために糖分を欲しがります。

脳や体が糖分を欲しがっても摂り過ぎは禁物。

大量に摂取することで、血糖値が急激に上がります。

その結果、インスリンを過度に大量に分泌させ、

血糖値を下げ、ブドウ糖が不足し、心身の疲労感が増大するのです。

甘いものを食べ過ぎると疲れの原因になることを頭に入れておきましょう。

過度なストレス

脳がストレスを感じると、通常の10%以上も多くグルコースを必要とします。

そのため、甘いものを欲するようになるのです。

また、ストレスを感じると、コルチゾールが分泌され、一時的にストレスを軽減させるために、

甘いものを食べたくなることがあります。

ストレスに関しては、何に対してストレスを感じているのか、

その原因を知る必要があります。

バランスの悪い食生活

普段の食生活の乱れにより甘いものが欲しくなります。

主に、マグネシウム不足がチョコレートを食べたくなる原因として挙げられます。

マグネシウムが不足すると、下記の症状に注意が必要です。

  • 低カルシウム血症
  • 骨粗しょう症
  • 心疾患
  • 不整脈
  • 食欲不振
  • 下痢、便秘

ホルモンバランスの乱れ

ダイエット、生理、妊娠などホルモンバランスの変化がある時に甘いものを欲することがあります。

チョコレート自体に脳内物質フェニルエチルアミンと似た成分が入っているため、

ホルモンバランスを整えようとするために欲することがあります。

対処法

心身の疲労やストレスに対しては、ひっかり休養する必要があります。

普段の生活習慣を整え心身共に健康を目指す必要があります。

1睡眠2食事3運動がポイントです。

食生活に関しては、たんぱく質を補給することで、甘いものを食べたい欲軽減できます。

乳製品大豆製品を摂取しましょう。

マグネシウム不足の方は、ナッツ類海藻類などを摂りましょう。

これらの食材を摂取して効果を実感してみて下さい👌🏻

まとめ

甘いものを食べると、ロトニンが分泌され幸福感を感じます。

この幸福感こそ、依存性の原因となります。

甘いものの過度な摂取は体に悪影響を与えてしまうので、

依存している方は、今回紹介した対処法を試して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました