現状を変える7つの方法【自ら変化を生み出すシステムとは】

お悩み
  

「現状を変えたい。」

「今の状況に満足できない。」

このように思っていても、何をすればいいのかわからない人へ。
今回、自分自身の力で今に変化をもたらす7つの方法について紹介します。
あなたの悩みに対して、明確にこれだという答えを出すことはできませんが、現状を変える方法を知ることで、少しでも助けになれば嬉しい限りです。



現状を変える方法

人は、コンフォートゾーンと呼ばれる快適領域に留まりたい生き物です。

現状を変える方法をすでに知っていてもなかなか動けないという人には、こちらの記事をおすすめします。

コンフォートゾーンから抜け出す4つの方法とは【自己成長のコツ】
私たちが普段行動している領域のことをコンフォートゾーン(快適領域)といいます。 コンフォートゾーンから抜け出すことで、自分の成長と、ドーパミンに起因する幸福感を得られます。 しかし、新しいことに挑戦しようと思うと、失敗のリスクを恐れるの...

それでは早速、現状を変える方法について具体的にみていきましょう。

まずは観察する

悩みはどうすれば解消するのでしょう。

人が悩んでいるとき、自分自身に何かを足したり引いたりすることは難しいです。

何かを足そうとすると拒絶を示し、引こうとすれば今の自分を守ろうとするでしょう。

悩みが解決するときには、無理に足したり、引いたりして葛藤を繰り返すよりも、変化を待つ方が近道になるのです。

自分自身を観察することで、散らかっている感情の整理を待ち、自分のやりたいことが見えてきたときに、自然と変化してきます。

今の自分を知らなければ、そこから前に進むのは難しいといえるでしょう。

変わる機会を与える

ただ変化を待つのではなく、変化のためにあれこれをやってみることはできます。

人は、あらゆる体験によって感覚が変わったり、考えが整理されたりします。

しかし、自分の期待通りの変化が起こるとは限りません。

特定の変化を期待して行動すると、その期待通りの変化が起こったか起こらなかったかだけに捉われてしまい、他の変化を見過ごしてしまいます。

自分が変わる機会を与え、どう変わっていくかを観察することで、変化していく自分自身を発見することができるでしょう。

困難を望むことで得られる3つのメリット【困難を操る方法とは】
困難に直面したとき、目的意識を持っている人は、どんなに大変だろうと、今自分がしていることに意味を持たせることができます。 一方で、困難を避けようとする人は、今すぐ得られる満足のことしか考えていません。 また、目的意識は行動しなければ持つ...

新たな感覚の芽生えを待つ

自分自身があらゆる機会に触れ、新たな感覚が生まれることを楽しみにしているでしょうか。

楽しみにしていると、自然と新たな感覚が生まれたことに敏感になります。

思った通りの感覚を引き起こしてもらおうと人まかせにしていると、期待通りのことが起きなかったことにショックを受け、ときに怒りの感情が芽生えることもあるでしょう。

このようなとき、最初に期待した感覚にしか意識が向けられません。

そうなってしまうと、自分の中に生まれている新たな感覚に気づけなくなってしまうのです。

あらゆる機会に触れて、良くも悪くも、自分にどんな反応が起こるのかと楽しみにしてみることが、新たな感覚の芽生えに気づくコツです。

そうすると、今まで抱くことのなかった感覚をスルーしにくくなるでしょう。

もやもやに注目する

もやもやしているとき、色んな気持ちや、記憶物事に対する考えが詰まっています。

もやもやしているとき、もやもやの中に自分でどんなものが含まれているのか認識している人は少ないでしょう。

このような曖昧な表現の中に留まることで、自分が今まで自覚していなかった自分の感情や感覚、気になっていたことに気づくことの手助けになります。

自分のもやもやはどんな気持ちなのか。

悲しみ寂しさ喜び嫉み不安怒りなど自分にとってどのような気持ちを表現しているのか細かく分析してみましょう。

このときに考え込むのではなく、もやもやを感じとり、自分の中にどのような感覚や記憶が浮かび上がるのかを待ちます。

身体感覚を含んだ気持ちに意識を向けることが、自分のことを分析するための入り口になります。

すぐに解決しようとしたり、焦ったりしてもうまくいきません。

ストレスを自分の武器に変える方法【ストレス対処法②】
ストレスと聞くと、多くの人は体に悪いイメージを持つでしょう。 しかし、強度なストレスを受けている人の中でも、ストレスは健康に悪いと思っていない人たちは、死亡リスクの上昇がみられないことが研究によってわかっています。 また、ストレスが体に...

人と空間を認識する

悩んでいるときや無理をしているとき、気付かぬうちに人にぶつかってしまうことがあります。

何かに必死になりすぎていたり、気分が落ち込んでいると、空間とを認識しにくい状態に陥ります。

この状態になると、自分の感覚や感情も感じにくくなります。

このとき、空間を認識するようにすることで、自分の感覚や感情も感じられるようになるのです。

他人と話しているとき、自分が相手に出している声は相手にとって大き過ぎないか、小さ過ぎないかと感じてみると、今自分がどれだけ相手を認識できているのかわかります。

そうやって、自分の空間他人に対する認識を見直してみると、考え込んだり、悩んだりしている状態から徐々に自分の感情を観察できるでしょう。

理想的な正しい喧嘩と謝罪のテクニック【恋愛関係④】
長続きさせる恋愛関係を築くためには、喧嘩への対処法を知っておく必要があります。 もし、お互いに感情的になり、頭に血が上っているとき、相手を思いやる気持ちを伝えることは可能でしょうか。 今回、理想的な正しい喧嘩と、謝罪のテクニックについて...

感情を自覚する

現状に満足できず、それが苦しい状況だと、自分を守るために感情を自覚しないようになってしまいます。

感情を自覚できなければ、感覚が鈍り、自分自身を観察するよりも頭で考えてばかりいるようになるのです。

セルフモニタリングで幸せに【自己洞察力の鍛え方とは】
自分の体調や今の感情に気づける人は、人生の幸福度があがります。 この気づける能力、すなわち自己洞察力を鍛えることで私たちが大きなメリットを得ることに繋がるのです。 今回、セルフモニタリング能力の重要性と、自己洞察力の鍛え方について解説し...

葛藤を利用する

憂鬱な物事に対する葛藤の中には、自分の思い込みがあり、あなたの知らないことがたくさん眠っています。

思い込みを認め、苦手な物事について知ろうとすることで、その葛藤が自分を進ませてくれる大切なきっかけになります。

あなたが感じている葛藤を、変化の武器として活用していきましょう。



変化を確認する

自分の状態が少し変わったかなと思ったときに、自分が悩んでいたことや、苦手だと思っている物事に意識を向けて、考え方の変化を自分で感じることが大切です。

まずは、自分がそれをどう感じるのか試してみましょう。

なんとなく、嫌な感じが少なくなってたり、気にならなくなったという程度でも十分です。

このようにして感じ方が変わったことを少しでも認識することが自分の変化を作り出すために重要となります。

変化を認める

なかなか変わらないと思っている人ほど、自分の変化を認めようとしません。

大きく変わらなければ、変化したと思わないケースが多く見受けられます。

小さなことでも変わったことがないか、自分に問いかけてみることで新たな気づきを手にすることができます。

自分が少しずつ変わり続けていると感じられるだけで、もっと変わりたいという気持ちが生まれます。

人に対する悩み

人に対しての悩みの多くは、その人に対する理解の無さが原因になることが多いです。

相手が嫌なことをしてきたとしても、それを相手がしている理由について、なかなか理解することはできないでしょう。

しかし、理解してしまえば、以前と同じように相手を嫌ったり、憎んだりする頻度は減ります。

それどころか、嫌だと思っていた行動に対して可愛らしささえ感じることもあります。

このとき、完全な悩みの解消を望まず、相手に対する自分の感じ方がどのように変わっているのか観察することが大切です。

人の心を動かす6つの方法【人の心が動くメカニズムとは】
「どこにいても、次々と周りが助けてくれてる人」 「あの人の言うことであればと一目置かれている人」 「この人にならとなんでも相談できる人」 「なぜか誰からも頼りにされる人」 このような人たちは、人の心を動かす方法を身に...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました