問題解決に役立つ知っておきたい7つの思考法とは【問題の捉え方】

学習

目の前の問題に対してどのように対処すべきかわからない。

問題が起こるとパニックになってしまう。

このように、問題が起こると、その物事を適切に考えられなくなってしまう人は少なくありません。

では、問題が起きたとき、どのように考えればよいのでしょう。

今回、脳科学の応用として、問題解決に役立つ思考法について解説します。

目の前の問題に頭を悩ませている人の助けになれば嬉しい限りです。



問題解決に役立つ思考法

早速、問題解決に対する思考法について具体的にみていきましょう。

問題を確認する

そもそも自分が直面している問題は、問題解決の思考スキルを使う状況なのかどうかを認識する必要があります。

今回紹介する思考法を使っても避けられない現実があるでしょう。

避けられない現実や、考えられる結果がひとつしかない場合、問題解決の思考を使う状況ではありません。

これは、立ち直る力や、強い意志を使うことになります。

まずは、問題解決の思考法を使う必要があるのか認識しましょう。

あらゆる物事を上手に考える方法とは【論理力・意志力の高め方】
あらゆる物事を客観的かつ、論理的に考えるにはどうすればよいでしょう。 私たちは意識しなければ固定概念を払拭せずに物事を考えるので、どうしても主観的になってしまいます。 先日ご質問頂いた物事を上手に考える方法について解説します。 また、...

問題を明確化する

人は、予期せぬ問題に直面すると、冷静さを失い、頭の中が混乱してしまいます。

そのため、頭の中を整理して、問題を明確化させる必要があるのです。

その方法として、問題の本質と、問題解決の理由を正確に見極めます。

問題とは、非常に複雑で、混乱しているものです。

自分が本当に解決しなければならない問題、または最初に手をつけるべき問題をはっきりさせましょう。

思考の混乱を整理し、自分がまずするべきことにフォーカスします。

最適な決断を下す方法とは【迷った時の対処法】
決断に迷った時、あなたはどう対処していますか。 素晴らしい決断をしたいと思っていても、気づかないうちに他からの影響を受けてしまうことがあります。 また、決断がわき道に逸れてしまう習性が人間にはあるので注意が必要です。 そして、迷った時...

感情が落ち着くまで待つ

問題というストレスにより、頭の中がなかなかクリアにならないこともあります。

負の感情を抱いてしまい、最適な問題解決の方法が思いつかないことも多々あるでしょう。

問題解決の思考法を使おうとするとき、このネガティブな感情が大きく邪魔をするのです。

感情的になりすぎている自分を客観視し、落ち着くまで解決策を考える必要はありません。

先延ばしを推奨しているわけではありませんが、感情が落ち着くまで待つことで事態が悪化するわけではないので、待つというのも一つの方法なのです。

ストレスを自分の武器に変える方法【ストレス対処法②】
ストレスと聞くと、多くの人は体に悪いイメージを持つでしょう。 しかし、強度なストレスを受けている人の中でも、ストレスは健康に悪いと思っていない人たちは、死亡リスクの上昇がみられないことが研究によってわかっています。 また、ストレスが体に...

新たな変化を受け入れる

一流の思考を身につけたい場合、固定概念を捨て去り、新しい変化アイデアを受け入れる必要があります。

普段から、新しい変化を否定するのではなく、受け入れるように心がけましょう。

過去にやったことがあることしか行わなければ、過去にとらわれ停滞するだけです。

問題が悪化したとき、凝り固まった思考のせいでその問題から抜けだすことはできません。

効果的な問題解決の思考を妨げているものに気づくことが、問題解決への近道になります。

感性を磨く8つの方法【豊かな人生を送るコツとは】
歳を重ねれば重ねるほど、後悔ばかりになってしまう人は少なくありません。 一方で、いつも人生がいい方向に動く人は、つい忘れてしまいがちなことを当たり前のようにこなしている人です。 また、自分の感性を磨き、人生を豊かにするために難しいことは...

ベストな解決策の発見には時間が必要

仕事の問題、人間関係の問題、子育ての問題、お金の問題、人生で直面するありとあらゆる問題には解決策が複数あります。

あなたが最初に思いついた解決策が最適な解決策であるとは限らないでしょう。

本当にベストな解決策を見つけるためには時間がかかることを踏まえ、次の思考法についてみていきましょう。

解決策はいたるところに存在する

思い込み固定概念から逃れるのは難しいことです。

人に相談するとき、信頼できる身近な人をまず頼るでしょう。

しかし、それだけではベストな解決策の発見につながらないこともあります。

そんなときは、いつもと違う人にアドバイスを求めるのが効果的です。

そこで得られた、予想外の答えや、思いもよらない提案を受け入れることが大切になります。

解決策は、いたるところにあるという思考を使うことで、思わぬところから有効な解決策が見つかるものです。

新たな視点で問題を見つめる

以前やった方法で問題を解決できなければ、新たな方法を考える必要があります。

いつまでも昔のやり方にこだわるのではなく、違う方法に挑戦し、新たな視点を持つことが問題解決の糸口になります。

新しい方法を試すことで、自分の気持ちに変化が現れ、クリエイティブな思考を生み出すことにもつながります。

問題を解決するためには、脳のクリエイティブな部分を活性化させる必要があるのです。

現状を変える7つの方法【自ら変化を生み出すシステムとは】
   「現状を変えたい。」 「今の状況に満足できない。」 このように思っていても、何をすればいいのかわからない人へ。 今回、自分自身の力で今に変化をもたらす7つの方...

問題から距離を置く

思い込み偏見を捨てても、解決策がどうしても見つからないことがあります。

自分では脳がクリアで、柔軟な思考ができているつもりでも、なかなかうまくいかない。

そんなときは、一度問題から離れ、別のことに打ち込むことが効果的です。

「問題を忘れて他のことに集中しようとしても、問題のことを考えてしまう。」

このような人も少なくありません。

そこで、問題自分を切り離す方法を使います。

問題とまったく関係のないところに行ったり、頭をクリアにするために休暇をとったりと方法は様々です。

これらは、新しい視点で問題を眺めるために必要な行為と認識しておきます。

問題から距離を置くことは、以前では考えられなかった解決策を生み出すために効果的なのです。



パニックは禁物

パニックに陥ると、脳を占領し、思考の妨げとなります。

さらに、貴重な時間を失い、自分で惨めと感じる状態になります。

このようにならないためにも、パニックの兆候を察知し、対抗策を講じるべきです。

パニックを引き起こすのは感情です。

ネガティブな感情を排除し、理性を保つことに集中しましょう。

心を落ち着かせ、本当の問題についてひとつずつみていきます。

今すぐにできること誰かに助けてもらえることが見つかるだけで、問題解決の糸口は見えてくるものです。

また、自力での問題解決が難しいと感じた場合、アドバイスを求めることは、賢い選択となります。

自分一人の頭より、二つの頭で考えた方がいいと自覚できるのは、それ自体が強さになります。

助けを求めることは、弱さではなく強さの証拠と認識することが大切です。

どんなに辛い状況でも、あなたの思考次第で、未来に希望を持つことはできます。

今回紹介した思考法により、少しでも問題解決の助けになれば幸いです。

人を助けるときに陥りやすい5つの罠【支援関係の原則とは】
誰かに助けを求めたり、人を助けようしたとき、不適切な対応をしてしまうと、その人との関係が悪化してしまいます。 あなたの親切が、相手には全く役に立たず、余計なお世話になってしまうことも。 今回、人を助けるときに陥りやすい5つの罠と、良好な...

コメント

タイトルとURLをコピーしました