老化を加速させるAGEとは?【AGE多くを含む食品】

美容

美容や健康の敵であるAGE

Advanced Glycation End Productsの略で、日本語で終末糖化産物といいます。

AGEは、糖とタンパク質が熱によって結びつくことでできる物質です。

たかが糖化されたタンパク質と思う方もいるかと思いますが、体への影響は甚大なものです。

今回、AGEを多く含む食品と、体への影響についてまとめました。

AGE(終末糖化産物)

AGEが溜まるルートには以下の2つがあります。

  1. 体の中のタンパク質が糖化する
  2. 食品から摂取したAGEが蓄積される

怖いのは、血糖値が高くない人でも、AGEを多く含む食品を食べることで、体に蓄積されてしまうことです。

また、私たちの体をつくっているタンパク質の機能を低下させる働きをします。

AGEの害を受けやすいタンパク質の1つにコラーゲン線維があります。

AGEとコラーゲン繊維が結びつくと、肌の弾力性や柔軟性が衰えてしまいます

では、AGEはどの食品に多く含まれるのか。

AGEを多く含む食品

  • ステーキ
  • トンカツ
  • ベーコン
  • マヨネーズ
  • ホットケーキ
  • フランクフルト
  • ポテトチップス
  • ホイップバター
  • 人口甘味料を含む食料品

焼き目のついた動物性脂肪食品の摂り過ぎは間違いなく老化を加速させます。

また、高温長時間調理するほどAGEは増えるので、揚げるより、煮たり茹でたりする方が良いでしょう。

鶏肉を例にすると、焼き鳥と水炊きを比べた場合、焼き鳥の方が56AGEが発生します。

そして、唐揚げに関しては水炊きの10倍以上AGEをつくってしまうのです。

また、清涼飲料水やガムなどに多く含まれる人口甘味料は、ブドウ糖の10の速さでAGEを作る為、特に注意が必要です。

人工甘味料は太る?カロリーゼロに潜む闇とは【避けるべき最凶の人工甘味料】
ゼロカロリーや、ノンシュガーとうたっている商品に多く使われている人工甘味料。 人工甘味料が身体にもたらす悪影響や、人工甘味料を使用している様々な商品を紹介します。 また、人工甘味料の中...

AGEによる体への影響

AGEがもたらす体への影響について見ていきます。

以下のリスクを上げることが判明しております。

  • 白内障
  • 動脈硬化
  • 骨粗鬆症
  • 髪が痛む
  • アルツハイマー
  • 糖尿病の合併症
  • 非アルコール性脂肪肝炎
  • メタボリックシンドローム
  • 皮膚のしみ・しわが増える

AGEを減らすには?

AGEを多く含む食品ではなく、タンパク質の糖化を抑える食品を摂ることをおすすめします。

オクラや納豆のネバネバ食品や、きのこ類、生野菜、果物などがおすすめです。

基本的に、GIの食品が推奨されます。

GI

Glycemic Indexの略で、体内で糖に変わり血糖値が上昇する程度を表したもの。GI値がが高いほど血糖値が上昇しやすい食品という意味を表す。

また、糖質の摂り過ぎもAGEの生産を促してしまいます。

糖質中毒になるとどうなるの?【食糧品メーカーが隠したい18の真実】
甘いお菓子やスイーツは美味しくて、食べるだけで幸せになりますよね。 この美味しさを実現しているのは、食糧品メーカーの努力のおかげです。 しかし、甘いものを毎日摂りすぎると、やめるのが難しくなっていきます 現代人の多くは糖質を摂...

糖質の摂り過ぎだけでなく、食べ過ぎも体へあらゆる悪影響をもたらしますので控えましょう。

食べ過ぎがもたらす悪影響【空腹時間を設け上手に改善】
現代人は、食べ過ぎな傾向にあります。 1日3食お腹いっぱい食べるだけで、1日の摂取カロリーを超えてしまいます。 ファストフード店やファミリーレストランなどに、頻繁に行く方は要注意です。 今回、食べ過ぎがもたらす体への影響と、最適な改善...

健康に良いと証明されている食品

最後に、様々な信頼できる研究により、健康に良いという報告を受けている食品を紹介します。

  • ナッツ類
  • 野菜・果物
  • オリーブオイル
  • 茶色い炭水化物

これらの食品は、脳卒中や心筋梗塞、がんなどのリスクを下げることが証明されている食品です。

まとめ

AGEを含む食品を多く摂ることはおすすめできません。

しかし、加工肉甘いお菓子を食べることに幸せを感じる方にとっては厳しいかもしれません。

個人的には、幸福度健康を天秤にかけることも必要だと思います。

何かのご褒美に、体に良くなくとも美味しいものを食べて、幸福感を得ることも大切です。

若々しくいたいのであれば、AGEを多く含む食品の食べ過ぎは厳禁ですが、、

老化を防ぐ為の方法はこちらの記事で詳しく解説しております。

老化防止を助ける4つの方法【老化のメカニズムと予防策】
歳を重ねる毎に、肌の張りがなくなり、体力が落ち、病気のリスクが上昇します。 私たちはこれらをまとめて老化と呼んでいます。 老化とは細胞レベルで起こる分子の異常です。 老化のメカニズムは、エピゲノムの働きが鈍くなることが主な原因として分...

コメント

タイトルとURLをコピーしました